2019年08月07日

【令和元年・夏の全国高校野球選手権・第2日目】星稜の奥川恭伸は、センバツに続いて、改めて「すぐにプロで使える」投球を見せてくれました!・・・「ストレートは佐々木朗希、変化球は奥川」といったところでしょうか

夜も遅いので、手短かに参ります。

昨日始まった夏の甲子園、今日の
第2日目で最大の注目は星稜の奥川
でした。

奥川の素晴らしさは、今年のセンバツ
でも私は当ブログで絶賛しましたが、
今日の投球も、ニュース映像で一部
しか見られなかったとはいえ、改めて
「すぐにプロで使える」と再確認
しました。

150キロを超えるストレートに相手
チームは、ことごとく振り遅れて
いました。

このストレートがあるからこそ、
最大の武器であるスライダーが
生きる。

正直、通常の高校生のバッターは、
奥川の球を「当てるのが精一杯」
でしょう。

甲子園が始まる前には、大船渡の
佐々木朗希が騒がれましたが、
私はセンバツで実績にある奥川の
方がプロではすぐに使えると思って
います。

もちろん、佐々木もいいピッチャー
だとは思いますが。

「ストレートは佐々木、変化球は
奥川」といった感じでしょうか。

まあ、そんなに単純化はできない
二人ではありますがね。

佐々木が甲子園に出ていない以上、
奥川に対する期待が高まります。

次戦も楽しみ!

来週なら、私もお盆休みですから、
奥川のピッチングが堪能できるかな。

次回はもっと詳報をお届けしましょう!



*今年の甲子園本です! ↓





posted by あらやまはじめ at 23:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村