2019年07月25日

大船渡、岩手県大会の決勝で敗れましたが、佐々木朗希は連投を避け、国保監督は登板させず・・・「勝利至上主義からの脱却」という意味では、高校野球史に残る一戦になったんじゃないですか

久方ぶりの更新となってしまいました。

しかも、夜も遅いので、手短かに参り
ます。

野球ファンの一人として、どうしても
取り上げたかった試合がありました。

今年の高校生の中では最大の注目を
浴びている大船渡の佐々木朗希。

連日、スポーツ紙の一面を飾っており、
今日、甲子園出場をかけて、花巻東と
決勝戦を戦った大船渡でしたが、国保
監督は佐々木を登板させませんでした。

準決勝で完封をしていた佐々木。

一昔前なら、当然のように連投され、
佐々木が投げていれば、おそらくは
勝っていたでしょう。

しかし、国保監督はあえて、佐々木に
連投をさせませんでした。

昨日の時点で、国保監督は「当日の
朝の佐々木の様子を見て、考える」
と語っていました。

今日、佐々木が投げなかったという
ことは、状態が良くなかったの
でしょう。

これに関して、「佐々木は投げさせる
べきだった」と、オールドファンほど、
嘆く声が聞こえます。

私も「佐々木を投げさせるべきだった」
と思う一人です。

が、ここ数年、高校生の投球数について、
議論がなされては、地方大会ではタイ
ブレークも導入されるなど、「将来の
ある高校生のピッチャーに無理をさせ
てはいけない」という風潮があることも
分かっています。

これはねえ、「時代の変化」としか
言いようがありません。

甲子園に出たいからと言って、将来の
ある高校生ピッチャーを連投に次ぐ
連投をさせる時代ではなくなったと
いう、エポックメーキング的な出来事
なのかもしれません。

それは、高校野球の「勝利至上主義から
の脱却」を意味します。

ここ数年、高校野球界を席巻してきた
大阪桐蔭の西谷監督でさえ、ここまでの
采配は振るえないはず。

言ってみれば、高校野球史に残る一戦に
なったのかもしれません。

「あそこで佐々木を休ませた国保監督の
采配があったからこそ、佐々木はここまで
のピッチャーになった」と将来言われる、
時代を変えた一戦になったのではない
でしょうか。

10年後、20年後に分かる話でしょうがね。

佐々木を甲子園で見られないのは残念では
ありますが、来年にはプロ野球で間違い
なく見られるはず。

どこの球団に行くかは分かりませんが。

それを思えば、あと半年ほどの辛抱ですよ。

佐々木の状態が悪くならないことを考えれば、
半年くらい待ちましょうよ。



*既にいくつかの雑誌の表紙も飾っている
佐々木、今回の敗戦で価値が落ちるわけ
ではありません。↓











posted by あらやまはじめ at 23:50| 神奈川 ☀| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村