2019年05月05日

【速報!】巨人、原監督が延長12回裏、自らマウンドに行って直々に田口を激励したシーンは、ここ数年見られなかった「いい光景」でした・・・結果的に広島に「負けなかった」のですから、今日の巨人は勝ちに等しいですよ

10連休も明日で終わり。

読者の皆様は、いかがだったでしょうか?

休めましたか?

・・・お仕事だった方もいらっしゃるでしょう。

私も結果的には10連休となったわけですが、
「毎日、ゆっくり寝られた」ことが一番
ですね。

それ以外は、家事や雑事に追われ、あまり
休めなかったような気がします。

でも、「寝られた」からそれでいい。

ホント、起床時間を気にせずに「寝られる」
というのは幸せなことです。

普段は、5時間も寝られれば御の字ですから。

休み明けは忙しくなるでしょうが、10日も
休みを頂いたのですから、きちんと働かない
とバチが当たるというものでしてね。

この連休中もプロ野球選手は出ずっぱりで
働きまくっていました。

「高年俸をもらっているのだから当然」と
いう声もありますが、独身の選手ならまだ
しも、家族を持っている選手は、心情的
には気の毒にも思います。

特に、小さい子供がいればねえ・・・。

うちなんかは娘が高3ということもあり、
「どこかに連れていって」とせがまれる
ことももうなくなりましたが、小学生の
高学年くらいまでは、連休があれば、
必ずどこかへ連れていっていました。

親としては、やっぱり、連休中くらいは
子供をどこかへ連れて行きたいと思う
ものです。

そんなことを考えれば、プロ野球を見る
目も少しは変わってきます。

特に、ベテランの選手は。

・・・もっとも、私もこの連休中、プロ野球
中継をゆっくり見られることはほとんど
ありませんでした。

そんな中、今日の夕方、「広島×巨人」戦
の最後の方はじっくりと見ることができ、
印象的なシーンもありましたから、少し
取り上げておきたいと思います。

この試合、3対3で延長戦となったのですが、
12回裏、巨人の勝ちがなくなった時点で、
巨人は田口をマウンドに送りました。

ところが、田口は先頭の磯村に粘られ、
フォアボールを出します。

次打者の會澤は送りバントを決め、1アウト
2塁。

ここで、なんと、原監督が自らマウンドに
行きました。

これには、驚きました。

プロ野球の試合で、監督がマウンドに行く
ことは、シーズンの終盤であれば、時に
見られる光景ですが、序盤でこういう
シーンが見られることは、そうそうある
ことではありません。

原監督がどのようなアドバイスを送った
のかは、明日のスポーツ紙に任せますが、
あれで田口は間違いなく、気合が入った。

その後、田口はくさいところをつく投球で
1アウト満塁のピンチを招きますが、後続の
野間をショートゴロに抑え、本塁フォース
アウト。

続く、菊池も火の出るような当たりを
サードに打ちましたが、岡本の攻守で
サードゴロとなり、ゲームセット。

広島からすれば、「勝てた試合を落とした」
という落胆がアリアリでした。

去年までの広島なら、間違いなく、サヨナラ
勝ちしていた試合です。

そうならなかったのは、やっぱり、原監督の
采配ですよ。

原監督がマウンドに行くシーン、あれは
「いい光景」でした。

少なくとも、高橋由伸前監督の時には一度も
見たことがなかった。

田口はもちろんのこと、野手陣、いや、
チーム全体が背筋を伸ばしたんじゃない
ですか。

監督の役割というのは、目に見えるところ
ではなかなか見られないものですが、今日は
原監督が自ら見せてくれてねえ。

結果的に、引き分けで終わったのですが、
首位の巨人からすれば、「負けなかった」
ことが大きい。

しかも、敵地で。

広島がBクラスに低迷する中では、今日の
引き分けは巨人にとって「勝ちに等しい」。

貯金は6のまま、減らないわけですから。

明日はDeNA戦ですか。

DeNAは、昨年の新人王の東が先発します。

これはこれで楽しみでしてね。

連休最後の明日はこの試合、注目したいと
思います。




*原監督、もはや「名将」になりつつあると
思っているのは、私だけではないでしょう。↓









posted by あらやまはじめ at 21:14| 神奈川 ☀| Comment(0) | 読売ジャイアンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村