2019年05月02日

【速報!】オリックス、サヨナラ打の伏見もさることながら、好走塁の大城を絶賛したい!・・・延長で押し出し寸前の澤田もあの場面、よく抑えました、好投した先発の山本由伸は気の毒でしたが・・・

この10連休中、ようやく、プロ野球
の試合を最後の方ではありましたが、
腰を据えて見ることができました。

「オリックス×ロッテ」戦。

オリックスの先発は好投しながら、
打線の援護がなくいまだ勝ち星なし
の山本由伸ということもあり、私も
注目していました。

(*コチラですね。↓)




山本は今日も8回1失点と好投しま
したが、同点でマウンドを降りる
ことに・・・。

毎回のことではありますが、気の毒
としか言いようがありません。

7回にロッテのレアードに打たれた
ホームランもアウトコースの難しい
ボール。

あれはセンターに運んだレアードが
力があるのであって、山本は責め
られませんよ。

延長戦となり、澤田が2アウト満塁の
場面から、私は再び見ることになり
ましたが、バッターが「アジャ」こと
井上で3ボール2ストライクの絶体絶命
のピンチ。

そこから澤田は開き直ったかのように、
真ん中にストレートを投げ続け、井上は
2球ファウルになった後、3球目を力負け、
センターフライとなりました。

(*澤田です。↓)




あの場面をなんとか切り抜けたからこそ、
その裏、オリックスにチャンスが回って
きました。

フォアボールで出塁した大城がセカンド
に盗塁。

あの盗塁も、タイミングはアウトでしたが、
キャッチャーの投げたボールがやや高めに
浮いて、ショートのグラブの上の方に
当たり、落球。

ラッキーでしたよ、大城は。

その直後、代打の伏見が自打球を左スネに
当て、「これで、余計な力が抜けるのでは」
と思っていたら、案の定、レフト前に持って
いきました。

レフトは前進守備の角中でしたが、角中
の肩と俊足の大城の足を天秤にかけて、
サードコーチは迷わず、手をまわして
いましたねえ。

タイミング的にはアウトでしたが、大城、
うまくキャッチャーミットをかいくぐって、
ナイスホームイン。

直後、ロッテの井口監督はリクエストを
しましたが、VTRで見ても、明らかに
大城の手の方が先にベースにタッチして
いましたよ。

今日のオリックスは大城の好走塁で勝った
ようなものです。

大城を絶賛したいですね。

(*大城です! ↓)




オリックスの西村監督のインタビューも
見ましたが、「打線がもっと早く打って
あげないと」というのは開幕からの
オリックスの課題です。

でもねえ、この勝利を機に、少しは流れが
変わってくれるんじゃないですか。

先日は、オリックスの宮内オーナーが
負け試合に激怒し、途中で帰ってしまう
ということもありました。

今日のような試合をもっと早く見せて
あげられればねえ・・・。

今日の京セラドームは超満員でした。

今日のような試合をすれば、お客さん
だって満足するでしょう。

明日の試合も期待しようではありませんか。



*大城はもっと注目されていい! ↓







posted by あらやまはじめ at 17:09| 神奈川 ☔| Comment(0) | オリックスバファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村