2018年10月19日

【セリーグ・CSファイナルステージ第3戦速報】巨人、終戦と共に、由伸監督もラスト・・・仮に菅野を出したとしても、1勝できただけで、この結果は予想できました・・・数年後の捲土重来を期待したいですね、由伸監督には

彼我の差はここまで大きかったかと
思わずにはいられませんでした。

今日のセリーグのCSファイナルステージ
第3戦をラジオで聞いていて。

巨人は広島に3連敗し、アドバンテージの
1勝がある広島に「スイープ」を食らう
ことになり、日本シリーズへの進出を
断たれました。

昨日の当ブログで、私は「なぜ、明日
菅野を出さないのか」と疑問を呈し
ましたが、よくよく考えれば、仮に
今日菅野を出したとしても、今の巨人
では1勝できたとしても、菅野に続く
先発ピッチャーがいないことを思えば、
この結果は予想できました。

完敗ですよ、巨人からすれば。

考えられないね。

巨人が広島にここまで完膚なきまでに
叩きのめされるというのは。

ホント、時代は変わりましたよ。

巨人がここまで弱くなった時代を
私は知りません。

30年以上、プロ野球を見てきて。

つくづく思いますが、巨人という球団は
もはや「優勝を義務付けられた球団」
ではないと改めて思いました。

かつては、そう言われたんです。

しかし、それは、巨人戦が地上波で、
ビジターを含め、全試合全国中継
されていたからこその「優勝義務
付け」であって、現在地上波では
全くと言っていいほど中継されて
いない巨人に対して、そこまでの
思い入れを持つ巨人ファンも少なく
なったことでしょう。

昔を懐かしめば、巨人が好きで
あっても嫌いであっても、巨人戦
を地上波中継で夕食時に見るのが
当たり前でしたが、視聴率の低迷と
共に、それもなくなりました。

もっとも、BSの巨人戦はの視聴率は
潜在的には二桁行っているという
話も聞きますが・・・。

地上波中継がされていた「最後の世代」
と言っていい、由伸監督は無残にも
敗れ去り、今日が「ラストゲーム」と
なったわけですが、これは由伸監督の
責任も多少はあるでしょうが、何しろ
まだ若い、むしろ、巨人のフロントの
責任が問われるべきでしょう。

90年代の巨人を背負ったスーパースター
と言ってもいい由伸監督をここまで
追い詰めた巨人フロントの責任は大
です。

まだ若い由伸監督を、現役を引退させ、
「青年監督」として立てたところ
までは流れは良かったですが、その後、
フォローが全くと言っていいほど
なかったのではないか。

気の毒でならない。

数年後の捲土重来を期待したいもの
ですよ、由伸監督には。

明日からはパリーグですな。

今日、ソフトバンクが西武を破って
タイにしましたから。

やっぱり、今年に限らず、ここ数年の
戦いを見れば、ソフトバンクが一番
安定して強いというのが、よく分かり
ますよ。

楽しみですね。


*「由伸グッズ」です。↓








posted by あらやまはじめ at 23:33| 神奈川 ☔| Comment(0) | 読売ジャイアンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村