2018年10月03日

【速報!】巨人、高橋由伸監督が辞任・・・後任は原辰徳前監督の再々登板か、中畑清DeNA前監督あたりに絞られるんでしょうね、「ナベツネ」さん次第、結局最後は

速報です。

巨人の高橋由伸監督が辞任を決意し、
球団も了承しました。

これをどう見るか?

3年連続でV逸というのが、巨人という
球団にとってどれほどのことかという
ことを、由伸監督は身を持って示して
くれたんじゃないですか。

由伸監督が現役の頃は、まだ巨人戦は
ほぼ全試合、地上波で生中継されて
いました。

「巨人戦全試合地上波中継」の最後の
世代かもしれません。

良くも悪くも、巨人という球団が
突出した存在だった時代です。

そんな由伸監督にとって「3年連続
V逸」がどれほどの屈辱か。

むしろ、今の巨人の選手の方こそ
驚いているんじゃないですか。

今や、巨人戦は「年に数試合しか
地上波中継されない」のが当たり前
になってしまい、他の11球団同様、
BSやCS、あるいはネットで見られる
「普通のプロ野球の試合」になって
しまいました。

そういう状態に慣れてしまった若い
選手たちにとっては「なぜ?」と
いう思いは強いでしょう。

他の11球団では、3年くらい優勝でき
なくても留任している監督はたくさん
いますからね。

やっぱり、「巨人の監督の辞任」は
違うんですよ。

なにしろ、先程、ネットどころか、
地上波テレビの画面でも速報で流さ
れたことで、改めて思い知りました。

数年に一度のことですからね、巨人の
監督の辞任というのは。

12球団のこれまでの監督の数を数えて
みればすぐに分かります。

巨人の監督数が断トツで最も少ない。

近いうちに、由伸監督も会見を開く
でしょうが、辞任理由は「成績不振」
に尽きるでしょう。

後任監督人事についてはまだ報道は
されていませんが、おそらくは原辰徳
前監督の再々登板か、中畑清DeNA前
監督あたりに絞られるかと思います。

由伸監督が決まった3年前、私は当
ブログで「江川卓監督はどうか?」
と期待も込めて記事を書いたことを
思い出しますが、ウルトラCはある
のか?

巨人の監督人事は魑魅魍魎の世界で、
結局のところ、最後は「ナベツネ」
こと、渡邉恒雄・読売新聞主筆の
「鶴の一声」で決まります。

あとは、側近が渡邉主筆にいかに
「入れ知恵」をするか、これで
流れがある程度分かってくるの
ではないか。

時間もないので、今日はこのくらいに
しますが、明日の報知新聞の紙面が
楽しみになってきましたね。



*選手としての由伸は天才でした。
監督稼業はかくも難しい。↓











posted by あらやまはじめ at 21:31| 神奈川 ☁| Comment(0) | 読売ジャイアンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村