2018年06月16日

【速報】楽天の梨田監督、借金20でついに辞任を発表・・・フロントも連帯責任を取るべきです、楽天ファンは誰一人納得していませんよ

つい先程、記事を書いたばかりです
が、今日はもう一つ・・・。

今日も楽天は本拠地で阪神に敗れ、
借金はついに20の大台に・・・。

楽天ファンの私も、今季の楽天の
負けっぷりにはもう既に慣れており、
「ああ、そうか」と思っていたら、
先程、衝撃的なニュースが飛び込んで
きました。

梨田監督、辞任を発表。

梨田監督は「借金20」を一つのライン
と考えていたようで、「6月で借金20
はひどい」と身を引くことを決意した
そうですが・・・。

これねえ、梨田監督のクビを切れば
済む問題ではありませんよ。

ここ数年、いや、十数年のプロ野球界
を見れば、大リーグ同様、「フロント
が用意した戦力を、監督がやりくり
する」というスタイルが日本でも
根付き始めています。

楽天は昨年、序盤はパリーグを独走
するも、夏場にバテて、ソフトバンク
に優勝を許し、結果的には西武にも
抜かれ、3位に終わりました。

CSではその西武を破り、意地は
見せましたが、そもそも昨年の
夏場以降の失速について、十分な
検証がされなかったんじゃないか。

ファン目線で見ても、「投手力の
強化」が必至であったことは間違い
ないですが、昨オフ、その投手力は
ドラフト以外ではほとんど補強され
なかった。

打線は昨年と変わらず外国人頼みで、
その外国人が打てなくなると、威力が
半減してしまった。

相手チームだって、血眼になって
研究しますよ。

昨年、あれだけ打たれれば。

打線についても、補強はほぼなし。

なんなら、巨人をクビになった村田
修一でも獲るべきだった。

外国人選手が打てないと、典型的な
「ピストル打線」では、そりゃあ、
勝てない。

今季は開幕直後から最下位を独走。

交流戦になっても、その兆候は
変わらず、勝っているのは岸のみ
という状態が続きました。

今日も「元エース」則本を打線が
見殺しにして、結果的には梨田監督
の辞任に至ってしまった。

これ、フロントの責任ですよ、本来。

球団社長を始めとしてね。

フロントを一掃しなければ、この
体質は変わらないでしょう。

楽天ファンは誰一人納得して
いませんよ。

梨田監督の後は、平石ヘッドコーチが
監督代行となるようですが・・・。

どこまで借金が膨らむか、分かった
ものではありません。

まあ、球団創設初年度よりはマシ
でしょうが。

終わったな、今季の楽天は・・・。

6月にしてねえ・・・。

寂しい限りです。



*もう、このユニフォーム姿も
見られません・・・。↓







posted by あらやまはじめ at 21:06| 神奈川 ☁| Comment(0) | 東北楽天ゴールデンイーグルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【やや速報】今日は、ニッポン放送での野村克也さん解説の「ロッテ×巨人」戦、音だけでも十分堪能しました!・・・初回の荻野貴のギャンブルスタートの虎の子の1点を、ボルシンガーがよく守って完封しましたね、ロッテは

今日のプロ野球はすべて14時開始の
デーゲームでした。

ナイターがないのは、夜のこの時間に
なると寂しいですが、今晩はニッポン
放送で明石家さんまさんの番組があり、
PCで作業をしながら、楽しんでいます。

私の好きな増山さやかアナも出演
していますが、相変わらず面白い
ねえ、さんまさんのしゃべりは。

私は中学生の頃、今から35年くらい
前に、仙台に住んでいながら、大阪の
毎日放送の「MBSヤングタウン」で
さんまさんのしゃべりを聞いては、
夜な夜な腹を抱えて笑った世代です。

さんまさんのしゃべりで大阪弁を
それとなく覚えたような気もします。

当時は今ほど、テレビでも大阪弁を
話す芸人さんはいませんでしたしね。

ニッポン放送にさんまさんが帰って
きて2、3年くらいですが、本当に
うれしいですよ。

(*興味深い一冊、紹介しておき
ましょう。↓)





さて、今日の昼間は、私はやはり
ニッポン放送でプロ野球中継を
断続的に聞いていました。

なにしろ、今日は「ノムさん」、
野村克也さんが久々に解説を
する日です。

これは、聞かないわけには
いきません。

「ロッテ×巨人」戦。

思えば、交流戦もまもなく終わり
ます。

ほとんど見られなかったなあ・・・。

というか、高二の娘が次から次に
チャンネルをザッピングするので、
一つの試合をじっくりと見ると
いう、プロ野球ファンとしての
醍醐味は、「その日一試合しか
ない」日本シリーズまで待たない
と無理なのかもしれません。

今日のロッテは、初回に荻野貴の
ギャンブルスタートで1点を先制し、
その後は先発のボルシンガーが
巨人打線をゼロに抑え、虎の子の
1点を守って、来日初完封を飾り
ました。

(*ボルシンガーです。↓)




ノムさんは、得意の「ボヤキ」を
今日の試合では、つぶやくことは
ほとんどなかったですね。

今日の巨人打線には工夫のかけら
も見えず、ノムさんにとっては、
ボヤキようがなかったということ
かもしれません。

でもねえ、ところどころに「人生訓」
というかね、考えさせられる場面は
ありましたよ。

「巨人の選手に問いたい。野球とは
何か、と」

ようは「頭を使え」ということなの
ですが、改めて、いざ問われれば、
答えられない選手がほとんどでは
ないですか。

こういう解説ができるのは、現在の
球界ではノムさん、ただ一人だけです。

だから、聞いてしまうんですなあ。

もうすぐ83歳の誕生日を迎えると
いうことで、ケーキも贈られた
ノムさん。

関東では、80代の解説者はノムさん
一人だけであることも紹介されました。

そういえば、数年前まで解説をして
いた関根潤三さん、最近は聞きません
ねえ・・・。

関西では、ノムさんより2年先輩の
吉田義男さんがご健在のようですが。

ノムさんには、まだまだ、末永く、
我々野球ファンを楽しませてもらい
たいものです。



*ノムさんの最新刊です。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

高校球児に伝えたい!配球学・リード術 [ 野村克也 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/6/16時点)




posted by あらやまはじめ at 20:24| 神奈川 ☁| Comment(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村