2018年02月17日

【平昌五輪・9日目速報!】羽生結弦、2大会連続金メダルは「国民栄誉賞」レベルの凄さ、非の打ちどころがない!・・・宇野昌磨も銀メダルで、日本国民にとってはいい一日になりましたね、今日は

平昌五輪の9日目、今大会、ついに
日本にとって、初の金メダルが
もたらされることとなりました。

前回のソチ五輪に続いて、またも
羽生結弦が金メダルを獲得!

私も今日はリアルタイムでじっくりと
見ていましたが、いい時間でしたね。

昨日のSPと違い、今日のフリーは
4分半の長丁場。

ケガから復帰したばかりの羽生は
「後半まで持つか」と昨日あたりは
懸念されていましたが・・・。

確かに、後半、ジャンプの着地の際に
フラつく場面はありましたが、堪え
ましたね。

よく持ちこたえました。

技術力もそうですが、あそこまで
行くと、精神力でしょう。

圧勝でした。

演技中はもちろんですが、羽生の
凄いところは、演技前後の立ち居
振る舞いです。

「どこにいても、見られている」
という意識があるんだろうな。

全く気を抜くところがないというか、
だれが見ても、「非の打ちどころが
ない」と思わせます。

まだ、23歳ですよ。

前回は19歳で金メダルを獲得し、
少しは天狗になってもおかしく
ない年齢ですが、この4年間で
ますます大人としての礼儀を
覚えたというか、「こういう
男を見習わないと」と思わせて
くれるものを身に着けましたね。

国民栄誉賞レベルですよ。

挙げていいんじゃないですか、
もう。

また、昨日のSPで3位発進の宇野
昌磨は、最初の4回転で転倒するも、
その後は立て直し、技術点では
羽生を上回る得点を叩き出し、
順位を一つ上げて、見事銀メダル
に輝きました。

「ワン・ツー・フィニッシュ」です!

これも凄いことだ!

4年先のことを考えるのはまだ早い
でしょうが、宇野は4年後、金メダル
を狙える位置に来たと言っていいの
ではないでしょうか。

日本人選手が金・銀独占!

日本国民にとってはいい一日に
なりました。

私も今日はリアルタイムで中継を
見られて、なによりでした。

最近はゆっくりテレビを見ることも
ないのですが、今日ばかりは釘付けに
なりましたよ。

羽生、宇野両選手には「ありがとう!」
と感謝したいですね。



*フィギュア人気、ますます上がるん
じゃないですか。↓




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フィギュアスケートLife Vol.13
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/2/17時点)









posted by あらやまはじめ at 15:36| 神奈川 ☀| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すごい男だ、羽生結弦!・・・これ以上ない完璧なSPの演技は、私もこの30年で見たことがない!・・・「ユヅくん嫌い」の高一の娘が見直していたのが、なによりの証拠だと思います

ものすごいものを見させて頂きました。

平昌五輪、男子フィギュアスケートの
SP(ショートプログラム)での、羽生
結弦の演技ですよ。

私は今日19時過ぎに帰宅しましたが、
「ユヅくん嫌い」の高一の娘が興奮
気味に私に、今日のフィギュアの
結果について、話し始めました。

娘は、今日のSPで3位につけた
宇野昌磨のファンでして、通常、
「ユヅくん」のことは何かしらの
理由をつけてボロクソに語るの
ですが、今日は違いました。

娘は娘なりに、羽生の演技に感動
したんでしょうなあ。

なんぼ、普段、悪口ばかり言って
いても、いざ、その素晴らしい演技
を見れば、若者ほど感動を覚えます。

今日の羽生は、うちのバカ娘を
「更生」させただけでも、すご
かったと思いますよ。

・・・もちろん、私も娘が録画した
羽生と宇野の演技をじっくりと
見ましたが・・・。

羽生の演技は、ちょっとすごすぎて、
言葉を失いましたね。

かなりの大ケガをしたはずなんです
よ、羽生は。

ところが、団体戦を回避してまで、
個人戦にきっちりと照準を合わせて
きた。

高難度の技を次から次にノーミスで
成功させては、私はあっけに取られ
ましたよ。

以前よりも進化しているんじゃないか。

私も高校時代に、伊藤みどりさんの
トリプルアクセルに魅せられた一人
でして、どんなすごい選手が出て
きても「伊藤みどりには叶わない」
主義者でしたが・・・。

今日の羽生はあの伊藤みどりさんを
間違いなく超えました。

これ以上ない完璧な演技。

見たことがない。

「芸術」と言っていいんじゃない
ですか。

フィギュアを見て鳥肌が立ったのは
いつ以来だろうか?

前回のソチ五輪のフリーでの浅田真央
の演技には感動しましたが、「鳥肌」
とはちょっと違いました。

今回の羽生の演技は、「涙腺が緩む
暇がない」演技です。

こういう感動は久しぶりだなあ。

もちろん、羽生はこの後、フリーの
演技が待ち構えているのですが、
仮に金メダルを逃したとしても、
だれも文句は言うまい。

それだけの演技を既に見せてくれた
のですから。

ホント、ああいう演技の前では、
今書いているようなブログは無力
でしてね。

なんぼ言葉を費やしても、あの演技を
言葉にすることは不可能ですし、もう
「映像を見てくれ」と言うしかない
のが正直なところです。

絶賛しても、し切れない。

羽生に「感謝」の一日ですな、今日は。



*どうぞ、ご覧あれ! ↓




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

羽生結弦 王者のメソッド (文春文庫) [ 野口 美惠 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2018/2/17時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YUZURU 羽生結弦写真集 [ 羽生結弦 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/2/17時点)







posted by あらやまはじめ at 00:17| 神奈川 ☁| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村