2018年02月25日

【平昌五輪・16日目速報・その2!】カーリング女子、「そだねージャパン」、ついに銅メダルはトリノ五輪から12年、感慨深いですよ・・・「マリリン」、本橋麻里の涙に私はもらい泣きです・・・

先に、スピードスケート「マス
スタート」での高木菜那の金メダル
について当ブログでは記事にしま
したが、平昌五輪の16日目、日本に
とっては、もう一つ、歓迎すべき
出来事がありました。

カーリング女子、「そだねージャパン」
の銅メダルですよ!

これはねえ・・・。

個人的には、すごくうれしいなあ。

というのも、カーリングという競技
に私はトリノ五輪以来、魅せられて
きた一人だからです。

あれから12年が経ちました。

あの頃、保育園に行っていた娘も
もはや、生意気盛りの高校一年生
となり、その時の流れになんとも
感慨深いものがあります。

今日のイギリスとの3位決定戦も
最後の最後まで分からない展開が
続きましてね。

最後の第10エンド、日本は
4対3でリードしていましたが、
ラストショットはイギリス。

正直、イギリスにあのショットを
決められていたら、勝負はどう
なるか分からなかった。

ですが、イギリスの放ったストーン
は、左から右に曲がる、野球で
言えば「シュート」のようなショット
でしたが、既に真ん中付近にあった
日本のストーンをより真ん中に
寄せるような「ミスショット」と
なり、この瞬間、日本のカーリング
界初のメダルが転がってくる結果と
なりました。

私は思わず声を挙げてしまいました
ねえ。

「やった!」と。

最後はイギリスのミスショットに
助けられた形となりましたが、
カーリングは長丁場の戦いです、
それ以前の「貯金」がモノを
いったことは間違いありません。

試合後、各選手のインタビューが
放送されましたが、私はトリノ五輪
にも出場していた「マリリン」こと
本橋麻里の涙にもらい泣きしました
ねえ。

なにしろ、今大会出場した「LS北見」
を作ったのは「マリリン」ですから。

先見の明があったとしか言いようが
ないですよ、「マリリン」は。

「地元の北見の選手を集めて、五輪に
出場する」という目標を叶えたばかり
か、メダルまで獲ったわけですからね。

明日のスポーツ紙の一面は「菜那」の
見出しが躍ることになるのは、金メダル
を獲得したのですから当然として、
カーリング女子の銅メダルも大快挙
ですから、裏一面くらいには持って
きてほしいですね。

「おめでとう!」の一言ですよ。



*「マリリン」グッズ、週末でもあり
ます、一気に紹介しておきましょう! ↓
















posted by あらやまはじめ at 00:28| 神奈川 | Comment(0) | カーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村