2017年12月17日

「韓敗」とはうまい表現だとは思いましたが・・・38年ぶりに韓国に4失点で負けたハリルホジッチ監督を「辞めちまえ」というのは、ちょっと違うんじゃないですか?

昨晩、私は舞台を見に行っており、
帰宅後、高一の娘から聞いて知った
のですが、昨日のサッカーの東
アジア選手権の決勝で、日本が
韓国に1対4で惨敗しました。

私は今日、東京中日スポーツで
その記事を読みましたが、聞き
捨てならない「ファンの声」が
載っていました。

「ハリル、辞めちまえ!」

まあ、宿敵の韓国相手にこれだけの
惨敗を喫したのですから、罵声を
浴びるのも仕方がないという気は
しないでもないですが・・・。

では、「ハリル後」のことを考えて
いるのか?

だれであれば、納得が行くのか?

求めすぎなんですよ、ファンは。

正直、日本代表の選手のスキルの
問題でしょう?

私はこの試合、新聞でしか読んで
いませんので何とも言えませんが、
3点差を付けられるというのは、
明らかに実力差があったという
ことです。

これが1点差とかであれば、監督の
責任も問われてもおかしくはない
ですが、3点差ではフィジカルを
含め、選手のスキル、実力の問題
です。

ファンはそこから目を逸らそうと
しているだけでしょう。

ハリルホジッチ監督に「辞めろ」
などと言っているのは。

だれが監督をしたって同じ結果です。

いや、ハリル監督だから3点差で
収まったのかもしれない。

だいたい、前試合までは結果を
残していたわけですから。

監督のクビをすげ替えたところで
すぐに結果など出ません。

ようは、日本人選手の実力がいかに
韓国を下回っていたかということ。

目を背けるなと言いたい。

しかし、東中に載っていた「韓敗」
という表現はうまいと思いました。

・・・こんなことを行ったら、不遜だ
などと言われるのですかね?

クレームは東中にお願いしますよ。



*個人的には「筋は通っている監督」
だと思いますがね、ハリル監督は。↓






posted by あらやまはじめ at 22:38| 神奈川 ☁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村