2017年11月28日

今日の東スポ、「独占入手! 日馬富士 貴ノ岩 同席写真」にはダマされたかと思いきや・・・2つの新たな事実が確認できることとなりましたから、良しとしましょうか

今日は見出しにそそのかされて、
東スポを購入しました。

もちろん、「日馬富士暴行事件」に
ついての話題です。

見出しは「独占入手! 日馬富士 
貴ノ岩 同席写真」。

その写真も一面に大きく掲載されて
おり、私はてっきり「あの日(日馬
富士が貴ノ岩に暴行した日)の写真
が流出したのか」と思いました。

帰宅して、一面の写真の記事を
よくよく読んだら、「あの日」の
写真ではなく、2年前の写真でした。

どおりで、朝青龍が写っていたと
いうわけです・・・。

が、記事を読んでいて、「さすが、
東スポ!」と唸るところはあり
ました。

2つの新たな事実が確認できる
こととなりましたので。

まず、今回の暴行事件では「日馬
富士が元々、貴ノ岩を嫌っていた」
ということが噂されました。

この辺は人間関係が左右するところ
でして、分かりにくい部分なのです
が、今日の東スポの2年前の写真で
「この二人の関係は元々険悪では
なかった」ことが分かりました。

この写真、2年前の日馬富士の誕生日
のパーティーの席での写真だった
ようですが、日馬富士にしても、
貴ノ岩にしてもにこやかな表情で
写真に写っています。

険悪な関係だったら、そもそも、
貴ノ岩は日馬富士の誕生日の
パーティーには行っていない
でしょう。

もう一つの新たな事実は、貴ノ岩が
師匠の貴乃花親方の「モンゴル出身
力士と土俵外で交流するな」という
教えを2年前から破っていたという
ことです。

今回、貴乃花親方が頑なな姿勢を
相撲協会に対して取っている理由の
一つはここにあるのではと私は
直感的に思いました。

相撲協会に対しても以前より不満が
あったであろうことは分かりますが、
今回、愛弟子の貴ノ岩が自らの教え
に背いて、モンゴル出身力士とこの
ような交流を行っていたことで、
貴乃花親方も「届いていなかった
のか」と内心忸怩たる思いがあるに
違いない。

協会だけでなく、貴ノ岩、ひいては
我が身に対する怒りが、貴乃花親方を
今回の行動に導いているのではないか。

・・・まあねえ、新たな事実が明らかに
なるにつれ、どんどん分からなくなって
きていますよ、この問題は。

ミステリー。

横審は昨日、貴ノ岩の聴取が終わって
いないこともあり、日馬富士への処分に
ついては先延ばしにしましたが、この
分かりづらさが、処分を決定できない
一つの大きな理由になっているであろう
ことは間違いない。

現時点で、私は既に日馬富士に関しては
引退勧告をすべきと思っていますが、
今日の東スポに載った写真を見たり
すると、「この二人に何があったのか」
という真相をまずは知りたくなる思いも
あります。

酔った勢いの、一時の暴力だったの
でしょう。

もっとも、限度を過ぎた暴力であった
だろうからここまで大きな問題に
なっているのでしょうが・・・。

もう少し、精査が必要かもしれませんね、
この問題は。

それでも、日馬富士の解雇は避けられない
と思いますが。



*東スポの「ダマされた!」一面を集めた
この本、私も持っています。面白いですよ! ↓




posted by あらやまはじめ at 21:34| 神奈川 ☀| Comment(0) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村