2017年09月27日

【速報】日本ハムの佑ちゃんは、登板しただけでニュースになる!・・・今日のオリックス戦では6回2失点、まだまだ使える、来季も戦力で間違いないでしょう、なぜなら・・・

もはや、この男は登板しただけで
ニュースになる。

日本ハムの斎藤佑樹ですよ。

佑ちゃん。

ここ数年、結果が出ないながら
も、「もうダメか」というところで、
そこそこの結果を残す。

今までにないプロ野球選手の形です。

最近、私は気になって仕方がなくてね。

今日はオリックス戦で、久々に先発
登板をしましたが、「もうダメだろう」
という周囲の声をよそに、6回2失点
と、最低限の結果を残しました。

こういうピッチングをされると、その
絶大な知名度に人気もある、「総合的
な判断」では、日本ハムは来季も残留
させるのは間違いない。

というか、戦力ですよ。

6回2失点なら。

今季の佑ちゃんは、交流戦でDeNAに
勝利し、2年ぶりに勝利を挙げました。

ですが、今季はこの1勝のみ。

栗山監督は佑ちゃんを先発要員と
して長い目で見ていることは、
日本ハムファンならずとも、プロ
野球ファンであれば、だれしもが
知っていますが、来季あたり中継ぎ
に専念させてはどうか?

もう、いい加減、「甲子園の佑ちゃん」
の面影を追うのは、栗山監督もやめる
時だと思います。

ここ数年、毎年、0〜2勝くらいのペース
です。

本来なら、クビになっても文句は言え
ない。

抑えを任せるには、剛速球があるわけ
でもないし、特段、目を見張るような
変化球もない。

ですが、そこそこの制球力はあります。

勝ち試合での中継ぎなら、十分使える
と思うんですがねえ・・・。

お客さんだって、たまに見るよりは、
中継ぎで毎日のように佑ちゃんを
見られる方がうれしいはず。

札幌ドームの観客動員アップにも
一役買うかもしれない。

なんやかんや言って、日本ハムでは、
大谷や中田をも上回るくらいの、
「全国区」の選手です。

ましてや、大谷は今オフ、大リーグ
挑戦が濃厚で、中田もFAで他球団
への移籍が噂されています。

「目玉」が二人も消えることになり
かねない。

となると、来季、日本ハムにとって
佑ちゃんは「唯一の全国区の選手」
なんですよ。

手放すわけがない。

特段、年俸も高いわけではないですし、
営業戦略上、欠かせない選手である
ことだけは間違いない。

「大谷、中田が抜けても、来季こそ
再ブレークするであろう佑ちゃんが
いる」となれば、札幌ドームの年間
シートだって、それなりに売れるはず。

・・・抱える意味はあるわけです。

それでも、本当に「来季こそ」ですよ。

佑ちゃんだって、そろそろ三十路です。

正直、甲子園の決勝戦、並びに引き分け
再試合で優勝を争った、現ヤンキースの
マー君のようになることは、もはや、
だれも期待してはいません。

日本ハムファン、並びに、私のような
「佑ちゃんファン」からすれば、せめて
「いぶし銀のようなピッチャーになって
ほしい」という思いでしょう。

ようは、中継ぎでもいいんです。

そこそこ活躍して、うまく行けば、
ホールドのタイトルを取れるくらいに
なれれば、それでいいじゃないですか。

先発にこだわっていても、結果を
出せず二軍でくすぶっているよりは、
中継ぎで「日本ハムに斎藤あり」と
言われた方がいいと思うんですが
ねえ。

残された時間は多くありません。

今日の好投を来季への糧にして
もらいたいですね。



*「佑ちゃん」本はたくさん出ています
が、アマゾンではもはや、軒並み1円
です・・・来季こそ、新たな「佑ちゃん」
本が出版されるくらいの活躍を期待
したいと思います。↓








posted by あらやまはじめ at 22:36| 神奈川 ☁| Comment(0) | 北海道日本ハムファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村