2017年09月25日

中日の森野も引退試合だったんですなあ、「落合時代」の名選手の一人でしたよ・・・来年は打撃コーチ就任? 中日の復活のために頑張ってもらいたいですね

昨日の時点で取り上げたかったの
ですが、昨日はロッテの井口を
優先しました。

今日は、中日の森野について少し
触れましょう。

昨日、井口だけでなく、森野に
とっても引退試合がありました。

私は2009年から10年にかけて、
名古屋に1年あまり住んでいた
時期があります。

その頃、森野は「落合中日」の
不動の3番バッターでした。

非常に勝負強いバッターでしてね。

基本、「引っ張り専門」の左打者
でしたが、分かっていても、相手
ピッチャーはライト方向に力強い
打球を持っていかれていたという
印象があります。

中日の左バッターと言えば、当時は
立浪和義さんの晩年でしたが、森野は
立浪さんよりも長打力はありました。

名古屋在住中は、私もよく購入した
中日スポーツでよく「森野」のデカ字が
一面を飾っていたことを思い出します。

私は今日、東京中日スポーツを購入
しては、森野の引退試合の詳報に
ついても目を通しましたが、胴上げ
されている写真が3面に載っていました。

それだけされる選手でしたよ、森野は。

元々は、東海大相模高校出身でしたが、
その事実を知ったのは、私も結構最近
でしてね。

神奈川出身という印象はあまり感じ
なかったなあ・・・。

でもねえ、相当の苦労人ですよ。

なかなかレギュラーを取れずに、
投手と捕手以外のポジションは
すべて守ったんですから。

以前、何かの本で私も読んで、
知ってはいましたが、よく頑張り
ました。

通算1581安打。

2000本には届きませんでしたが、
個人的には、それくらい打ったと
いう記憶のある、「記憶に残る選手」
だったと言えます。

来年は打撃コーチ就任ですか?

中日は森監督の残留も決まり、
来季の巻き返しが期待されます。

私は森監督、個人的には非常に
買っていましてね。

中日ファンはどう思っているか
分かりませんが、外側から見れば、
「信念」を感じる監督の一人です。

選手起用に関して言えば。

「良ければ使う、ダメなら使わない」
という判断基準が非常に明確な監督
です。

セリーグの他の監督と比べても。

選手層がもう少し厚くなれば、
優勝争いに加われるはずだと
確信しています。

森野には、来季、コーチに就任して
すぐに結果が出せるほど甘い世界では
ないとは思いますが、中日の復活の
ために頑張ってもらいたいですね。

まずは、一言、「お疲れ様でした」
と労いたいと思います。


*巨人あたりにいたら、もっと
全国的に知られていた選手だった
んじゃないかな、森野は。↓








posted by あらやまはじめ at 22:12| 神奈川 ☁| Comment(0) | 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村