2017年09月30日

阪神、俊介の大活躍もあり、2位確定!・・・巨人は畠が4球で危険球退場となりましたが、あれを危険球とするのは厳しすぎだと思いましたねえ・・・上本はバントの構えでしたから

今日はニッポン放送で「巨人×
阪神」戦を聞きながら、時折、
テレビで中継もチェックして
いました。

巨人は初回、先発の畠が4球で
危険球退場となりました。

結果的には、これが阪神を利する
ことになりました。

ちょっと、見ていきましょう。

阪神は初回、先頭バッターの俊介が
塁に出て、二番の上本が送りバント
をしようとしましたが、そこへ畠の
緩いボールが上本の頭を直撃。

上本は動けず、審判は畠に退場を
宣告。

・・・これ、上本にとっては気の毒
でしたが、バントをしようとして
かなり低く構えていました。

そこへ緩いボールが来て・・・。

あれを危険球というのは、ちょっと
畠にとっても「厳しすぎじゃないか」
という気はしました。

昔の野球では、ああいうことは結構
あったように記憶しています。

危険球退場がない時代ですがね。

ストレートならまだしも、畠の投げた
ボールはカットボールですか?

ちょっと、厳しいと思いました。

ですが、現在のプロ野球のルール上
では、畠は退場になるんですなあ。

まあ、巨人の勝ちはこの時点で、
ほぼ「絶望的だろう」と、私は
思いましたよ。

その段階で、二番手ピッチャーの
用意なんてしていないでしょう。

していたとしても、急ピッチで調整
しなければならない。

巨人は二番手に中川を送りました。

初回と2回に1点ずつを失う結果と
なりました。

まあねえ、こうなりますよ。

その後は膠着状態が続きましたが、
終盤に阪神が俊介のホームランを
含む活躍もあり、5対1で勝利。

阪神は2位を確定させました。

これ、明日のスポーツ紙をちょっと
じっくりチェックしたいですねえ。

畠の危険球についての論調を。

阪神にとっては万々歳でしょうが、
逆の立場だったらどうだったか?

ちょっと、後味が悪い一戦となり
ました。

まあ、私にとっては「巨人が負ける」
ことは喜ばしいことではあるんです
がね。

ただ、不可解なことはきちんとして
おかないと気が済まない性分でして・・・。

明日のスポーツ紙、注目したいと
思います。


*せっかくですので、俊介のグッズ、
いくつか紹介しておきましょう。↓











posted by あらやまはじめ at 22:37| 神奈川 ☀| Comment(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村