2017年07月31日

日本ハムの谷元圭介、中日に電撃移籍は寂しいね・・・ドラスティックな経営で成功している日本ハムですが、谷元は中継ぎの主力も主力です、今季のペナントレースをあきらめたと思われても仕方がないですよ

トレード期限の今日、7月31日に、
電撃トレードが発表されました。

日本ハムの谷元が中日に金銭
トレード。

これは・・・。

私も楽天戦を中心に、パリーグの
試合は普段からよく見ています。

特に、試合の終盤は目を凝らして
見ることも多く、日本ハム戦では
この谷元が中継ぎでどれだけいい
ピッチングをしてきたのかもよく
知っています。

楽天ファンからすれば、谷元が出て
くると「ああ、もうダメだ」と思わ
ざるを得ませんでしたし、逆に、
昨年のようにソフトバンク相手に
日本ハムに勝ってほしい時には
これ以上ない「中継ぎの大エース」
でした。

谷元は今季国内FA権を取ったことが
報じられました。

今回の電撃トレードには、この件が
絡んでいたことは間違いない。

日本ハムというチームは、FA権を
取った選手が他球団に移籍するのを
引き止めたことがありません。

日本ハムという球団の経営がそう
なっているからです。

年俸の上限をある程度決めている
んでしょうなあ。

球団経営という観点からすれば、
日本ハムのそれは他球団が羨む
ものとなっています。

北海道に移転後は、基本黒字経営
ですから。

それでいて、何年かに一度は優勝し、
昨年は日本一にもなった。

分かる、分かるんですよ。

これが、プロ野球チームの目指す
べき球団経営ということは。

ですがねえ・・・。

私も昭和の人間だからでしょうか、
どうも割り切れないんですなあ。

平成のドラスティックな経営が
必要なことも分かる。

基本の基です。

でもねえ、日本ハムファンならず
とも、一抹の寂しさを覚えます。

というか、パリーグファンとして。

谷元は昨年まではもちろん、今年
だって中継ぎの主力も主力です。

今季の日本ハムは借金20以上を抱え、
5位に低迷しています。

ここで、「現役の」谷元を放出する
ということは・・・。

今季のペナントレースをあきらめた
ということですよ。

そう思われても仕方がない。

谷元以上の抑え投手がどこにいる
のか?

私でさえこう思っているのですから、
日本ハムファンの寂しさは想像する
だけでも耐えがたいものがあります。

しかも、金銭トレード。

中日からは若手の投手も野手も手に
入れてはいない。

どうするのか、日本ハムは?

「今年はもう最下位でもいい」と
思っているのだろうか?

ドラスティックすぎませんか、
それは・・・。

やりきれない思いをしているのは
私だけではないはず。

日本ハムファンだけでなく、パリーグ
ファンにも、フロントから一言説明が
ほしいところですが・・・。

してもしなくても同じかと思えば、
それも虚しいものです。

「平成のプロ野球とはこういうものだ」
とあきらめるしかないのでしょうかね・・・。



*「日本ハムの谷元」のグッズを
最後に紹介しておきましょう。↓







posted by あらやまはじめ at 23:46| 神奈川 ☁| Comment(0) | 北海道日本ハムファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村