2017年04月29日

オリックスの福良監督が、近鉄のユニフォームに拒否反応を示すのも分かる、「元阪急」ですからね・・・南海ホークスのユニフォームも、あんなに明るい緑ではなかったですよ

昨日、私は新宿に舞台を見に行って
いましたので、プロ野球中継は全く
見られませんでした。

今日の昼過ぎ、CSの「プロ野球
ニュース」で昨日の試合を娘と
一緒にチェックしましたが、
目に留まったのは、「オリックス
×ソフトバンク」戦でした。

何年か前から復活した「近鉄×
南海」のユニフォームで戦う、
いわゆる「大阪クラシック」
ですな。

最も気になったのは、途中、
オリックスのベンチが映った場面、
福良監督が近鉄の帽子をかぶり
ながらも、羽織るジャケットは、
オリックスのものだったという
シーンです。

今日、私は東京中日スポーツを
購入しましたが、5面に小さい
記事ながら、福良監督のコメント
が載っていました。

「おかしいやろう。オレだけ着ない
でおこうかな」

これはねえ、かつて、福良監督が
現役時代、阪急、オリックスで
ユニフォームを着ていた時代を
知っている身としては、「分かる」
としか言いようがありません。

印象深いのは、オリックスが
イチローを擁して優勝した95、
96年シーズンですかね。

福良監督は、一番イチローの後、
二番バッターで、ベテランらしい
いぶし銀の活躍をしたことは、
私にとっては、記憶に新しい。

あの頃、近鉄はオリックスの
ライバル球団でした。

また、その前、阪急の頃だって、
1970年代後半は、まさに優勝争い
をしたライバル。

福良監督が「拒否反応」を示す
気持ちは分かる。

「元阪急」ですからね。

また、ソフトバンクの選手たちが
着ていた南海ホークスのユニフォーム
についても一言。

あんなに明るい緑ではなかったですよ。

私が覚えているのは、80年代後半の
門田博光さんが活躍した頃の南海が
最も印象深いですが、もう少し、
「深緑」に近い色だったと記憶して
います。

「オールドファン」からすれば、
ツッコミどころが満載の一戦でした
が・・・。

それでも、「やらないよりはいい」
と思いました。

なにしろ、我が娘も見ては、「近鉄」
や「南海」という球団があったと
いうことを、今の世代に語り継ぐ
ことができるのですから。

今日もナイターで対戦していますが、
オリックスが勝利濃厚で、なにより
です。

ソフトバンクはいつ出てくるか
分かりませんからねえ、戦力から
言えば。

明日まで、「大阪クラシック」は
続きます。

明日もいい勝負を期待したいもの
です。


*福良監督の阪急時代のカードです。↓




*南海、門田のカードも載せておき
ましょう。↓

posted by あらやまはじめ at 21:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オリックスバファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村