2017年03月14日

【WBC二次予選・第2戦速報】先頭打者ホームランに、ダメ押しホームラン、今日は山田哲人に尽きますね・・・抑えは牧田和久で決まりかな、勝ち続けているのですから

今日は、23時前には終わりましたね。

WBCの二次予選、「日本×キューバ」
戦、先程終わりました。

日本の逆転勝ち。

というか、二転三転しましたね。

しかし、主導権は終始、日本が握って
いましたよ。

ヤクルトの山田哲人が先頭打者ホーム
ラン。

これこそ、山田をDHでも一番として
使った甲斐があったというものでして
ね。

今日打てなかったら、スタメン落ち
してもおかしくないくらい不調
でしたが、慣れないDHで気苦労も
あったと思いますよ。

山田ほどの選手とはいえ。

この先頭打者ホームランは、日本に
勇気を与えましたね。

「これで、イケる!」と思った。

その後、先発の巨人の菅野が一発を
食らって、逆転を許しましたが、
見ていて不思議と「今日は大丈夫
じゃないか」と思っていました。

キューバには、かつての破壊力は
見受けられませんでしたから。

巨人の小林は今日もいい働きを
しました。

一時は勝ち越しとなるタイムリー
を放った。

はっきり言って、今大会の「ラッキー
ボーイ」は小林です。

キャッチャーは小林固定でいい
でしょう。

キューバに同点とされましたが、
8回、その小林の代打でソフトバンク
の内川が起用され、見事、ライトに
勝ち越し犠牲フライ。

これは、「小久保采配」が光った
と言っていいでしょう。

本来なら、小林をそのまま使いた
かったはず。

しかし、情を捨てて、内川の確実性
に賭けた。

これが成功したのですから、ここは
小久保監督を褒めるべきです。

初めてかもしれませんがね、今大会
では。

その直後、初球を叩いて、レフトに
ホームランを放った山田には脱帽です。

これは、センス。

山田のセンスです。

山田を一番に持ってきた甲斐があり
ましたよ。

改めてですが。

これも、褒められるべき「小久保采配」
だったかもしれませんね、結果的には。

これで侍ジャパンは、一次予選から
5連勝。

明日、イスラエル戦で勝てば、決勝
トーナメント進出を確実なものと
します。

ここまでは采配がズバズバ決まって
いる小久保監督ですが、明日以降、
特に決勝トーナメントでどうするか
でしょうなあ。

「名将」になるかどうかを決める
のは。

もう少し、様子を見ましょうか。

断言するのには、まだ早い。

前回大会でも、決勝トーナメントで
墓穴を掘りましたからね。

また、ドミニカやプエルトリコあたり
と当たることになるでしょうから・・・。

ここで、勝ち切ることができれば、
もう優勝は目の前です。

あと2、3試合ですよ。

ここまで来たら、期待しないわけ
にはいきません。

ちなみに、今日も抑えは、一昨日
同様、西武の牧田和久でした。

もう、牧田でいいでしょう。

勝ち続けているのですから。

「抑えは牧田」と固定し、そこから
逆算してピッチャーを組み立てる
ことができれば、日本はますます
安定します。

この後の試合を戦う上でもね。

悲願の優勝奪還、近くなってきた
んじゃないですか。



*やっぱり、欠かせない男です、
山田は。↓



posted by あらやまはじめ at 23:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村