2017年03月06日

【東スポ】「あす激突 キューバ本当の実力」ですが・・・オリックスに辛うじて勝った侍JAPANでも勝てるんじゃないですか、3番がセペダですし

昨日のWBC強化試合、「オリックス×
侍JAPAN」戦、最初の方は見ていました。

私が注目したのは、侍JAPANというより
は、「久々の全国中継で、オリックスが
どこまで意地を見せるか」という点
でしたね、正直言って。

オリックスがプライムタイムに地上波で
全国中継というのは、何年ぶりだろう。

これはねえ、強化試合とはいえ、
オリックスの選手たちは相当気合が
入っていたと思いますよ。

一躍、名前を売る大チャンスですから。

侍JAPANはオリックスに先制点を許す
など苦戦し、3対3の均衡が続きました。

結果的には、9回2アウト、代打の西武
秋山の勝ち越しタイムリーで5対3で
辛勝しましたが・・・。

一言で言って、侍JAPANの勝因は、
オリックスが大エースの金子を
初回で降ろしてくれたことです。

これに尽きる。

初回の金子のピッチングを見ていたら、
「こりゃあ、打てない」と、だれもが
思ったはず。

コントロールがいいのはもちろん
ですが、数種類ある変化球の精度が
どれもこれも素晴らしい。

3年前に金子はパリーグMVPを獲得
しましたが、あの良かった頃の金子を
彷彿とさせる見事なピッチングでした。

「これは、5回くらいまで侍JAPANは
打てないぞ」と思っていましたが、
オリックスの福良監督はなんと初回で
金子を降板させました。

なぜでしょうね、これは?

元々一回だけの予定だったのかな?

それにしても、実況も解説も、
金子の初回降板の理由については
一言も言わなかった。

これはおかしい。

あまりに侍JAPANに肩入れしすぎです。

金子が降板し、侍JAPANはホッとした
のでしょう。

ピッチャーが二番手の近藤に代わった
途端、広島の鈴木誠也が3ランで逆転
しました。

これ、喜んでいちゃダメですよ。

金子のようないいピッチャーから
打ったならまだしも、二線級の
ピッチャーから打ってはしゃいで
いるようでは、先が思いやられます。

案の定、すぐにオリックスに追い
つかれ、侍JAPANは6回をゼロ行進。

こう言ってはなんですが、オリックスは
昨年のパリーグ最下位チームですよ。

9回2死まで同点では・・・。

しかし、今日、私が購入した東スポの
一面を見れば、それも杞憂に終わりそう
です。

見出しは「あす激突 キューバ本当の
実力」でした。

キューバが強化試合で、日本のチームに
負けていることは知っていましたが、
ここまで1勝5敗1分け。

驚いたのは、3番がセペダということ
です。

セペダ?

巨人でほとんど使えず、クビになった
「キューバの英雄」。

そのセペダが3番を打っているのです
から、「似た者同士」かもしれません
よ、侍JAPANとは。

その昔、リナレス、キンデランと
いった強打者を擁した頃のキューバ
とは明らかに違いますね。

普通にやれば勝てるんじゃないですか、
侍JAPANは。

でも、勝負事ですから、何が起きる
かは分かりません。

やってみないと分からないですからね、
野球は。

明日は、なるべく、当ブログでも
【速報】を出せればと思います。



*セペダのカード、興味のある方は
どうぞ。↓




posted by あらやまはじめ at 23:17| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村