2017年01月09日

【日刊スポーツ】一面の「中村俊輔 涙の絶縁」は、外資系の資本がマリノスに入ってきたが故の悲哀としか言いようがありません…「懊悩煩悶(おうのうはんもん)」なんて言葉、サッカー選手に使わせてはいけませんよ、気の毒すぎる

今日、私は日刊スポーツを購入
しましたが、その一面は「俊輔 
涙の絶縁」でした。

私は普段、さほどサッカーは
見ませんが、中村俊輔はもちろん
知っていますし、ましてや、彼が
所属するマリノスは、私が住む
神奈川県のチームということも
あり、多少なりとも親近感は抱いて
います。

ところが、俊輔は昨日の会見で
涙ながらにマリノスとの決別を
表明し、ジュビロ磐田への移籍を
発表しました。

いったい、何が起こったのか?

記事を読んで、よく分かりましたね。

これ、簡単に言えば、「マリノスに
外資系の資本が入って、経営に口を
出すようになり、俊輔が耐えられ
なくなった」ということでしょう?

そこに至るまでには、様々な「闘い」
があったと思いますが、これ、一般の
サラリーマン社会でもありがちなこと
だからこそ、日刊スポーツは一面に
持ってきたんでしょうね。

マリノスの場合、外資の資本は20%
程度だったようですが、同時期に
親会社が社長を交代して、いわゆる
「サッカー素人」を持ってきたことも
外資の発言力を増すことになったと。

これも、ありがちですよ。

サラリーマンの世界でもね。

サッカー選手の場合、「移籍」と
なりますが、サラリーマン社会なら
「転職」ですかね、言ってみれば。

しかし、プロサッカーの世界です
からねえ。

しかも、中村俊輔。

サラリーマンとは話が違いすぎ
ます。

本来なら、チームの功労者でも
あり、「顔」でもあった俊輔を
なんとしても引き留めるべき
だったと思いますよ。

それでも、最終的には「人間対
人間」ですからね。

そこで、いざこざが起こってしまう
と、もうどうにもなりません。

俊輔も、さらには、マリノス側も
異例の声明を出すこととなって
しまいましたが、驚いたのは、
俊輔が「懊悩煩悶(おうのう
はんもん)」なる、難しい言葉を
使っていたことです。

これ、意味は「悩み悶えること、
悶え苦しむこと」とのこと。

私は初めて聞きました。

こんな言葉、サッカーのスター
選手に使わせてはいけませんよ。

気の毒すぎる。

サッカー選手は、サラリーマン
とは違うんです。

子供たちに夢を与える世界の
選ばれし者たち。

懊悩煩悶ってねえ…。

マリノス側は、大いに反省して
もらいたいですな。

まあ、しないでしょうが。



*中村俊輔、今回の一件で、私も
興味を持ち始めました。↓


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夢をかなえるサッカーノート [ 中村俊輔 ]
価格:1566円(税込、送料無料) (2017/1/9時点)



posted by あらやまはじめ at 19:55| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村