2016年09月21日

【パ・リーグ首位決戦速報】極論すれば、陽岱鋼の大ファインプレー2つで勝ちましたよ、今日の日本ハムは…今日の大谷なら完投できた、なぜ栗山監督は9回に替えたのか?

今日、私は当然ながら、パ・リーグ
の首位決戦、「ソフトバンク×日本
ハム」戦を最初から最後まで見ました。

これはねえ、どうしても見逃せな
ませんでした。

もう、両チーム共、残り10試合を
切っており、明日も含めて、最後
の直接対決となるのですから。

日本ハムの先発は大谷。

一方のソフトバンクは、千賀。

こういう重要な試合は、立ち
上がりで決まりがちです。

初回、日本ハムのレアードが
2ランホームランを放った時点で
私は、日本ハムの勝利は固いと
思いました。

大谷のピッチングは凄かった
ですよ、今日も。

ストレートも去ることながら、
今日は勝負どころでのフォークが
ことごとくいいところに落ちて
いました。

2対1で日本ハムリードの9回、
栗山監督は大谷を替えました。

これは、頂けなかったなあ。

「なぜ替えるのか」と思いました
ねえ。

球数だって、そんなに行って
いなかったですしね。

今日の大谷なら、完投できた
はずですよ。

案の定、替わったバースが、
ランナーを塁にためる展開と
なってしまいました。

栗山監督は慌てて、谷元に
スイッチ。

しかし、日本ハムを救ったのは、
センター陽岱鋼の守備でした。

今日、陽岱鋼は終盤に代打で
登場しましたが、替わった直後の
8回にもファインプレーを演じて
いましたが、9回も、江川の打席で、
センターに飛んだ大きな飛球を、
前進守備の陽岱鋼が後ろ向きで
走って好補したのには、ちょっと
震えましたね、私は。

二度も大ファインプレーを
見せた陽岱鋼の守備で勝てたと
言っても過言ではないでしょう、
今日の日本ハムは。

あれが、陽岱鋼以外の外野手
だったら、あそこまでの守備が
できたかどうか。

陽岱鋼、今年一番の存在感を
見せつけたと言っていいでしょう。

明日は、陽岱鋼をぜひとも一面に
してほしいなあ。

頼みますよ、なかなかないんです
から。


*今日は「陽岱鋼の日」でした。↓


posted by あらやまはじめ at 22:20| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道日本ハムファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日刊スポーツ・サンスポ】「番長」三浦大輔、長い間、「お疲れ様てした」と労いたいですね…巨人に勝てなかった三浦が、24日の巨人戦で最後の登板ですか、勝て!

昨晩の当ブログでも少し触れ
ましたが、昨日、現役最年長
投手でもある、DeNAの三浦が
引退を表明しました。

今日のスポーツ紙では、主要
4紙で「三浦」、あるいは、
「番長」のデカ字が躍りました。

私は日刊スポーツとサンケイ
スポーツの2紙を購入して、
じっくりと読みましたが…。

この三浦という投手に関しては、
私は、当ブログを始める前から、
事あるごとに批判してきました。

一言で言えば、「弱い阪神から
勝って、強い巨人に勝てない」。

「何が番長だ?」と憤ったことも
あった。

一度や二度じゃありません。

三浦という投手には、「ことごとく
裏切られてきた」という思いが
強いんですよ、私は。

ですがねえ、裏返せば、それだけ
三浦には期待していたということ
なんです。

あのリーゼントもねえ、「巨人に
勝ってからやれ」と思ったもの
ですよ。

私のような「巨人嫌い」の人間
からすれば、三浦は功罪相半ば
する投手でした。

しかし、考えてみれば、大洋
時代も含めて、優勝した98年を
除けば、ベイスターズ自体が
弱かったということも、差し引か
なければならないかと、今頃に
なって思ったりしますね。

こうして、いざ、三浦が引退
するとなるとね。

三浦のいい面を探せば、やっぱり、
バッティングになるでしょう。

今年もヒットを放ち、24年連続は
投手ではもちろん初めてでギネス
にも載ることになりました。

こちらの方が素直に「素晴らしい」
と思うのは、私だけでしょうか。

移籍もせずに、ベイスターズ
一筋で、セ・リーグで25年も
現役でプレーし続けた。

その間、球団に必要とされたから
こそ、現役だったわけです。

この事実の方が、三浦のすごさを
物語っていると思いますよ。

投手としては、球団では歴代3位
の172勝を挙げました。

ベイスターズにいなければ、
200勝に到達していたかも
しれない。

ですが、ベイスターズでなけ
れば、ここまで現役を続ける
こともできなかったかもしれ
ない。

なにしろ、大洋入団時には
ドラフト6位ですよ。

それを考えれば、「球史に残る
投手になった」と言っても、
差し支えはないでしょう。

巨人に弱かった三浦は、来たる
24日に巨人戦で、現役最後の
ピッチングを見せてくれる予定
です。

先発でしょう。

「勝て!」と叱咤したいですね。

最後くらい、巨人に勝って、
有終の美を飾ってほしいと
思いますよ。

頑張れ!


*「三浦大輔モデル」、最後に
どうぞ。↓


posted by あらやまはじめ at 19:48| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜DeNAベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日開幕の「Bリーグ」、フジテレビでゴールデンタイムに地上波中継とは、川淵三郎さんはやっぱりすごいですよ・・・船出を暖かく見守りたいと思います

バスケットボール男子の国内2リーグ
を統合した「Bリーグ」が明日開幕
します。

今日の産経新聞のスポーツ欄に大きく
取り上げられていましたので、当ブログ
でも少し触れておきたいと思います。

以前は「bjリーグ」と「ナショナルリーグ」
に分かれていたんですよねえ。

国際連盟から資格停止処分を受けた
日本協会が最後に頼ったのは、サッカー
のJリーグを立ち上げた川渕三郎さん
でした。

ここに来るまで、相当、いろいろな
ことがあったかと思いますが、川渕
さんのすごいところは「ツボ」を
押さえているところですよ。

なにしろ、バスケットファン以外には
まずほとんど知られていないであろう
「Bリーグ」の開幕戦を、なんと明日、
フジテレビでゴールデンタイムの18時
30分から生中継するわけですから。

プロ野球でさえ、近年はゴールデン
タイムでの地上波生中継は少ない
ですよ。

しかも、番組表をチェックすれば、
「最大延長9:14」とある。

考えられない厚遇です。

よく、この枠を勝ち取った。

これ以上のアピールはありませんよ。

世間に「Bリーグ」を、なんとしても、
知らしめる。

川渕さんの決意が感じられる一例です。

川渕さんは現在会長職から「アドバイザー」
になっているようですが、これは川渕
さんの功績と言っていいでしょう。

川渕さんでなければできなかった。

この一例を見ただけでも、川渕さんの
手腕のすごさを感じます。

Bリーグの中身について、話を転じれば、
チームが18もあるんですね。

素人目には「採算が取れるのか」という
懸念もありますが、Jリーグも「地域密着」
で、年々チーム数を増やしています。

下部組織を作ってね。

上位組織と入れ替え戦をやって、活性化
も図っている。

Bリーグも、Jリーグ方式でやっていく
ということでしょう。

日本のプロスポーツも、かつての「企業
中心」ではなく、アメリカのような「地域
密着」になってきているのは、健全な姿に
なってきたと言えます。

かつてのプロ野球界における「巨人一辺倒」
のような姿の方がむしろ、歪んでいた。

なんでもかんでも、東京のチームを応援
するというのは、おかしい。

時代の趨勢にも合っていない。

川渕さんは「日本のプロスポーツ界を
変えた男」です。

Bリーグの船出も暖かく見守りたいと
思いますね、私は。



*まずは、選手を覚えないとね。田臥
勇太くらいしか知りませんから。↓



posted by あらやまはじめ at 11:47| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村