2016年09月28日

【速報!】北海道日本ハムファイターズの皆様、優勝おめでとうございます!…今日の大谷のピッチングは、「歴史に残る」くらいの、私も見たことがないような見事なピッチングでしたよ

先程、日本ハムが西武を破り、見事、
四年ぶりのリーグ優勝を果たしました。

まずは、栗山監督を始めとして、
北海道日本ハムファイターズの
皆様には「おめでとうございます!」
ですなあ。

私は楽天ファンではありますが、
故郷の仙台では昔から高校野球
では、北海道のチームも応援する
地域性がありましたから、他人事
とは思えないんですよ。

やっぱり、個人的には「北のチーム」
が勝つのはうれしい。

そして、今日の中継、私もほぼ
すべて見ていましたが、大谷の
ピッチングは、物凄かったですね。

「歴史に残るピッチング」と言って
いいでしょう。

今日の大谷は、序盤から飛ばして
いたように見えましたが、中盤から
後半にかけてのピッチングは、ほぼ
「三球勝負」でしてね。

ほとんどがストレートとスライダー
のコンビネーションでしたが、
コーナーに散らしてねえ、それが
ことごとくストライクゾーンの
ギリギリのいいところに決まる。

「いいピッチャーだ!」と、何度、
声に出したことだろう。

どちらのボールが来ても、今日の
西武打線は、当てるのが精一杯
でしたよ。

こんな素晴らしいピッチングは、私の
これまでの人生でもあまり見たことが
ない。

それこそ、近年では、いい時のダル
ビッシュや、楽天が優勝した時、24
連勝をした頃のマー君に匹敵する、
いや、それ以上とも言える、見事な
ピッチングでした。

いいものを見させて頂きましたよ。

今季初完封ですか?

今日は、1対0でしたが、9回になっても、
栗山監督には「大谷を替えるな」と、
私はテレビ画面に叫んでいました。

今日の大谷なら、相手打線は絶対に
点を取れない。

後世に語り継がれるピッチングでした。

しかし、ここまで、シーズンで壮絶な
戦いをしてきたのに、これからCSです
からねえ。

これも、どうかと思うけどなあ・・・。

やっぱり、CS制度というものについて、
もっと議論しないといけませんよ。

これだけの戦いを半年間やってきて、
考えられないような逆転劇で優勝した
というのに、すんなりと日本シリーズ
に進出できない不可思議。

興行的には間違いなくプラスになって
いるわけで、完全否定はできませんが、
「勝負」という観点に立てば、これほど
邪道な制度はない。

これについては、また別途、場を設けて、
私なりの意見を述べていきたいと思います。

今日は素直に日本ハムの快挙を祝福
すべきでしょう。

改めて、おめでとうございました!



*大谷のサインボール、早い者勝ちです! ↓



posted by あらやまはじめ at 22:11| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道日本ハムファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村