2016年08月22日

【報知新聞】唯一の一面、「新体操」は、大技「四本投げ」で、リオ五輪を見事に締めくくってくれました!…エースの畠山愛理は引退ですか、残念です…

今日の午前中、リオ五輪が
閉会式を迎えました。

まずは、選手たち、あるいは、
その関係者に感謝したいと
思いますね。

今度はバラリンピックもあります
が、まずは一区切りというところ
でしょう。

リオ五輪の総括については、
明日以降、早い段階で当ブログ
でも行いたいと思います。

さて、今日のスポーツ紙ですが、
唯一「新体操」のデカ字を一面に
持ってきた報知新聞を久々に購入
しました。

「フェアリージャパン」ですな。

この新体操では、日本チームに
しかできない「四本投げ」が
事前に取り沙汰されていました
が、昨日の予選では見事に決め
ては、決勝に進出する原動力と
なりました。

新体操と言えば、私のイメージは
山崎浩子さんで止まっています。

その山崎さんは、今回、新体操の
強化本部長として、リオ五輪に
参加しました。

先程速報を見たら、日本チームは
8位ということでしたが、前回大会
よりも「華のあるチーム」になった
のではないでしょうか。

その中心には、エースの畠山愛理が
いたわけですが、彼女は、今大会を
もって引退してしまうことが分かり
ました。

新体操という競技は、その競技の
特性から十代後半〜二十代前半の
選手がメインとなっています。

畠山は22歳。

この年齢で「引退」というのは、
野球や相撲が好きな私からすれば、
「早すぎる」という気がしない
でもないですが、新体操という競技
では仕方がないのかもしれませんね。

せっかく、これだけ「華のあるチーム」
を作り上げたところなのに、残念です。

とはいえ、最後に「四本投げ」と
いう大技を我々に見せてくれたのは、
日本人からすれば、「リオ五輪を
見事に締めくくってくれた」とも
言えます。

いいものを見させて頂いて、
「ありがとう」と感謝したい
ですね。


*「フェアリージャパン」は、
東京五輪に向けても要注目
ですよ! ↓


posted by あらやまはじめ at 18:17| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 新体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村