2016年08月14日

【日刊スポーツ】裏一面の「錦織圭」、日本人選手96年ぶりのベスト4進出は、「SMAP解散」がなければ、一面だったことでしょう…一人、タオルをかぶって泣いていたシーン、忘れられません

今日のスポーツ紙は、久々、
6紙すべてで一面が揃いました。

「SMAP解散」。

あのデイリースポーツでさえ、
SMAPを今日は一面に持ってきました。

私は今日の自身の「ニュースブログ」
でこの話題について取り上げました
ので、興味のある方はどうぞ、欄外の
リンクからご覧下さいませ。

まあ、あれは、「ニュース」と
言っていいでしょう。

今日の当ブログで取り上げたい
のは、私が購入した日刊スポーツ
の裏一面に掲載された「錦織圭」
です。

「SMAP解散」がなければ、こちら
が一面だったことでしょう。

見出しは「錦織泣いた 奇跡大逆転」。

これ、私もその試合をじっくりと
見ましたが、対戦相手のカエル・
モンティスに何度もマッチポイントを
奪われながら、なんとか切り抜け、
最後は5連続ポイントの末に、奇跡の
逆転劇を演じました。

試合後の錦織、疲労困憊で、椅子に
座ると、タオルで顔を隠しました。

いや、タオルをかぶって泣いて
いました。

…このシーンは、忘れられません
ねえ。

テニスというスポーツが、いかに
孤独であるかを、如実に現して
いましたよ。

テニスは、前回大会から五輪競技
に戻りましたが、前回、錦織が
どういうプレーをしたのか、正直、
あまり印象がありません。

ですが、その後、全米オープンの
決勝進出という、大きな偉業も
あり、注目度が俄然増しました。

今日の準決勝では、強敵の
マリーに敗れはしたものの、
日本人選手としては96年ぶり
のベスト4進出でした。

明日、銅メダルをかけて、
今度は、またしても強敵の
ナダルと対戦します。

四大大会を見ているような
感じとなってきましたが、
これはオリンピックです。

相手も「国の代表」として
戦ってきます。

今日の孤独な戦いぶりを見ても、
錦織は、我々が思う以上に「日本
を背負って」います。

視聴者の我々としては、ただただ
応援するのみ。

勝っても負けても、錦織の頑張りを
称えようではありませんか。


posted by あらやまはじめ at 20:39| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【五輪速報!】バドミントンの栗原文音(くりはらあやね)がかわいいと思った視聴者は、私だけではあるまい・・・究極の真剣さの中で時折見せる笑顔、これは五輪出場選手ならではの「美」ですなあ

オリンピックを見ていると、思わぬ
「美人」に出会うことがあります。

これも、我々「オヤジ世代」にとっては、
オリンピックを見る楽しみの一つでして、
私はそういう見方を否定することは
決してできません。

いや、スポーツは顔じゃあありませんよ。

大前提として。

ですが、「顔を期待していない」ところに、
思わぬ美人が登場すれば、それは、
男としては、気にならないわけには
いかないということです。

例えば、前回のロンドン大会では、
競泳の鈴木聡美がそうでした。

私は、4年前の当ブログで「聡美の
オリンピック!」という記事を
書きました。

鈴木聡美がロンドン五輪の日本人選手
の中で主役だった、という意味で。

過去記事はあえて載せませんが、前回
大会の主役は、成績も去ることながら、
そのルックスからも鈴木聡美と言って
間違いではなかった。

今大会では、まだ彼女のような断トツの
存在は見つかりませんが、今日の中継を
見ていて、「これは!」という存在が
見つかりました。

バドミントンの栗原文音(くりはら
あやね)ですよ。

私はねえ、今回も、全く期待して
いませんでした。

男女混合ダブルスでしょう?

ですが、夕飯を食べながら見ていて、
ちょっと箸が止まりましたよ、何度も。

かわいい。

いや、なんでしょう、例えば、女優
さんとかのかわいさとはちょっと
違うんですよねえ。

五輪という舞台は、スポーツ選手が
命をかけて戦う場所です。

それ故、表情は常に真剣です。

ですが、その真剣さの中で、例えば、
バドミントンでは、勝ちを拾った時に
時折見せる笑顔、これはねえ、女優
さんとかでは絶対に叶わない、五輪
出場選手ならではの「美」があるん
ですよ。

先の鈴木聡美もそうでした。

もっとも、競泳の場合、泳いでいる
時の表情というものは、ほとんど
確認できませんが。

バドミントンの場合、その一挙手一投足
を確認できるばかりか、カメラが彼女を
とらえていれば、表情を随時確認できます。

なんとも、笑顔がいい子です。

久しぶりに見ましたよ、こういう選手は。

ショートカットなのもいい。

いかにも、スポーツ選手らしくてね。

彼女が髪を長くしたら、「絶世の美女」
にもなり得ると思うのは、私だけ
でしょうか。

リオ五輪が始まって、私は初めて、
一選手をネットで検索しましたよ。

彼女は26歳なんですねえ。

若いなあ。

バドミントン選手としてはどうなん
でしょうかね。

例えば、東京五輪でもイケそうなん
でしょうか。

ちょっと気になりました。

今日の韓国戦では残念ながら敗れは
したものの、決勝トーナメントには
進出が決定したそうで、また彼女の
プレーを見られるのは非常に楽しみ
です。

そういえば、対戦相手の韓国のキム・
ハナなる女性選手も美人でした。

こちらは、栗原とは異なり、いわゆる
「韓国美人」といった風情でしてね。

リオ五輪も半分が終わりました。

「文音のオリンピック!」なる記事が
近日中に書けるかどうか、今後の彼女の
プレーにかかっています。

私は追っていきますよ!



*「バドミントン・マガジン」の表紙、
左上に載っているのが栗原文音です。↓



posted by あらやまはじめ at 00:14| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バドミントン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村