2016年08月13日

【五輪速報!】水谷隼の個人初の銅メダルに続いてほしいですね、女子団体も!…「愛ちゃん」、福原愛の集大成になるかもしれない、頑張ってほしいですよ

もう、ここ何日か、頭の中では
終始、安室奈美恵ちゃんの
「Hero」がぐるぐると回って
いますよ。

リオ五輪のテーマソング。

安室奈美恵ちゃんの曲を
こんなに耳にしたのは、いつ
以来だろうね。

日本勢の連日のメダルラッシュ
で、あの曲にもますます輝きが
出てきました。

今日、娘を連れて訪れた若葉台の
複合書店の「コー・チャン・フォー」
でも彼女のPVが流れていましてね。

私はCDを買おうかと思ったくらい
です。

いやあ、いい曲になりました。

そんな、「Hero」を聞きながら、
今日は卓球の話題を取り上げ
ましょう。

まず、今朝、私が購入した日刊
スポーツでも裏一面となった、
水谷隼。

卓球の個人では、男女通して
初の銅メダルです。

これはねえ、日本の卓球が
かつてないほどの強さを示して
くれましたねえ。

いや、卓球といえば、私も
アメリカに留学していた時代に、
仲の良かった中国人留学生と
何度か「対決」をしたことが
ありました。

彼は、物理専攻の大学院生で、
スポーツが得意なタイプでは
ありませんでした。

ところが…。

彼と卓球を始めると、私は驚き
ましたね。

私も中高生時代は、卓球も得意
だった方ですが、彼の放つ打球は、
打ち方こそゆったりとしていました
が、手元に来るスピードは、見た
ことがないくらいに速かった。

何度やっても、彼には勝てません
でした。

「中国人の卓球の能力は、草の根
レベルでも、これだけすごい」と
その時に実感したことを今でも
思い出します。

そんな背景がありましたから、
私は「卓球に関しては、中国人
には絶対勝てない」とずっと
思ってきました。

日本人にとっての野球のような
感じでね。

水谷は、中国の選手にこそ敗れは
しましたが、堂々の3位となり、
卓球個人では、男女通じて初の
銅メダル。

中国に一歩も二歩も近付いたと
言っていいと思いますよ。

卓球と言えば、長年、「愛ちゃん」、
福原愛が日本人にとっては、最も
身近な「アイコン」と言ってもいい
存在でした。

そんな「愛ちゃん」は、個人では
4位と大健闘しましたが、本人は
渋い表情をしていました。

もはや、「愛ちゃん」てはなくなり
ましたよ、彼女も。

そんな福原愛を筆頭に、卓球の女子
団体戦が始まりました。

初戦は圧勝でしたね。

インタビューでは、最年少の
伊藤美誠が「ムードメーカー」の
ようになっているのを見て、私は
ちょっとホッとしましたね。

案外、伊藤のような選手が、
日本女子卓球の団体にメダルを
もたらす原動力になるのかも
しれません。

明日以降の戦いを期待しましょう!


*もはや、「今年一番の名曲」かも
しれません。↓

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Hero (CD+DVD) [ NAMIE AMURO ]
価格:1671円(税込、送料無料) (2016/8/13時点)



posted by あらやまはじめ at 22:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 卓球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【五輪速報!】原沢久喜は銀メダルを獲得したとはいえ、気の毒でした・・・逃げ回った挙げ句、金メダルのテディ・リネール、あんなのは「柔道」じゃありませんよ

4年前の当ブログでも「柔道とJUDOは
違う」とどこかで指摘しましたが、
またしても、その「文化の違い」が
現れるような試合が行われてしまい
ました。

昨夜未明に行われた、柔道男子100キロ
超級の決勝戦ですよ。

ここ数年間負けなしの王者、テディ・
リネールに立ち向かった日本の原沢久喜。

原沢は、なんとかして、リネールの
奥襟をつかもうとしますが、リネール、
それを嫌い、まともに組もうとしません。

得意技を防ごうとするのは分かりますが、
あそこまで露骨に組ませないとは・・・。

原沢は仕掛けて行ったからこそ、体が
空回りするような形となり、結果的に
うつぶせとなって防御するケースが
増えましたが、逆にそれで「指導」を
二つも奪われてしまうことに・・・。

これ、「柔道」じゃないでしょう。

完全に、ポイント稼ぎの「JUDO」
ですよ。

結局、原沢はまともに組むことが
できないまま、「優勢負け」。

会場からはリネールに対してブーイング
が上がりましたが、ブラジルの観客も
柔道を分かっていますよ。

こんな逃げ回る「王者」が金メダル
とは・・・。

やっぱり、「柔道」を知らないんですよ、
「JUDO」に慣れた世界の選手たちは。

原沢は気の毒でした。

毎回、五輪の柔道ではこのような
不可解な結末があります。

もう、「文化の違い」としか言い
ようがありません。

「一定の時間、組もうとしなければ、
ダブルで指導」とかにならないものか。

原沢が気の毒すぎますよ。



*原沢が表紙の「近代柔道」、せめて
見ておきたい。↓

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

近代柔道 (Judo) 2015年 06月号 [雑誌]
価格:939円(税込、送料無料) (2016/8/13時点)




posted by あらやまはじめ at 14:13| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 柔道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村