2016年03月31日

【サンスポ】日本ハムをクビになった鵜久森が、決勝ホームランでヤクルトに今季初勝利をもたらすとはねえ…好投した成瀬も含め、「真中再生工場」は定着するか、見ものです

昨日の「ヤクルト×阪神」戦、
私も最初の方は少し見ていま
したが、途中で「DeNA×巨人」
戦にチャンネルを替えました。

結局、その試合も途中、DeNAが
負けていて、チャンネルを替えて
しまいましたが、えてして、こう
いうときに、大きなプレーがあった
りします。

DeNAではロペスの本塁への走塁が
見事であったと、後にスポーツ
ニュースで聞きました。

一部スポーツ紙では、そのロペス
の走塁を一面にしていましたが、
私はサンケイスポーツを購入しま
した。

鵜久森が一面だったからです。

昨年、日本ハムをクビになり、
トライアウトで今年ヤクルトに
入った29歳。

鵜久森と言えば、済美高校で
センバツ全国制覇したことで、
私も名前は覚えていました。

日本ハムをクビになったもの
の、長打力には元々定評が
ありました。

「球場が相対的に狭いセリーグ
に来たら、まだ分からない」と
思っていたら、これですよ。

すぐに、結果を出しました。

鵜久森の例を見るまでもなく、
こうして、埋もれている選手が
パリーグの上位チームにはいかに
多いことか、よく分かります。

それにしても、開幕から四連敗
のヤクルトを決勝ホームランで
救ったわけですからねえ、初の
スタメン起用で。

ちなみに、昨日は昨年ロッテから
移籍したものの、なかなか結果を
出せなかった成瀬が先発しては
好投しました。

「元パリーグ」の二人がヤクルト
の今季初勝利に大きく貢献した。

今日のサンスポでは「真中再生
工場」などと書かれていました
が、これが定着するかどうか。

これ次第で、今季のヤクルトの
行く末が決まるんじゃあない
ですか。

昨年優勝した時と、メンバーは
ほとんど変わっていないわけ
ですから。

まあ、まだ始まったばかりです。

じっくりと今季のヤクルト、
これこらチェックしていきたい
と思いますよ。

posted by あらやまはじめ at 19:12| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヤクルトスワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村