2015年10月04日

【速報】南小泉中に行っていた斎藤隆、最後は楽天で引退セレモニー、良かったんじゃないですか…今日から「サンデースポーツ」のマンスリーキャスター、当面は頑張ってほしいですね

ここのところ、引退セレモニーの
話ばかりで恐縮ですが、今日もねえ、
どうしても取り上げたい選手が一人
います。

楽天の斎藤隆ですよ。

「楽天の」というのにはちょっと、
語弊があるかもしれません。

大洋時代から長いこと、ベイスターズ
で活躍し、優勝も98年に経験した。

その後は、ドジャースをメインに、
大リーグで、復活を遂げた。 

2年前に日本に戻ってきては、楽天に
入団し、日本一にも貢献した。 

素晴らしい野球人生ですよ。

この斎藤隆、私の実家の宮城県仙台市
若林区南小泉の近くなんですよ。

遠見塚というところでしてね。

今日の引退セレモニーでも「遠見塚小、
南小泉中」というセリフがありました。

南小泉中に通っていたんですなあ。

知りませんでした。

私は、小学3年の終わりから4年の
前半のわずかな期間しかその地域
にはいませんでしたが、3つ上の兄は、
南小泉中でかぶってるかもしれません。

横浜ベイスターズにいた頃から、気に
なる選手でした。

しかし、横浜にいた時は宿敵の巨人に
なかなか勝てず、正直、「見捨てて」
いましたよ。

横浜でも勝てずに、大リーグに行った時
には、正直、誰も期待していなかった。

それが、逆に良かったのかもしれませんね。

まさかの復活。

そして、大リーグでオールスターにも出た
後には、故郷の仙台に戻って、楽天で活躍
しては、日本一にまでなった。

幸せな野球人生だったんじゃあないですか。

「お疲れ様でした」と言いたいですね。

私の一学年先輩でもあります。

こういう選手も、もはや球界では少なく
なりました。

先程、「サンデースポーツ」を見ていたら、
今月のマンスリーキャスターを務めるとか。

そうですか。

当面はそちらで頑張ってもらってね、来年
からは解説者ですか?

いずれは、球界に戻って、「第二の斎藤隆」
を育ててほしいなあ。

稀有なピッチャーでしたからね。

第二の人生も頑張ってほしいと思いますよ。



*記念品ですなあ、これは。↓

posted by あらやまはじめ at 21:49| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北楽天ゴールデンイーグルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリックスの谷も引退ですか、寂しくなりますねえ…2000本安打まであと72本、達成させてあげたかったなあ

昨日、オリックスの谷が、本拠地
最終戦と言うこともあり、引退の
セレモニーが行われたことが、
今日私が購入した日刊スポーツの
2面に掲載されていました。

谷も引退ですか…。

寂しくなります。

谷は確か、オリックスが現在に至る
まででは最後の優勝を果たした96年
の後に入団しているんですよね。

だから、オリックスでの優勝はあり
ませんでしたが、巨人時代に何度か 
優勝したのかな。

谷という選手は、「偉大なる中距離
バッター」という印象が強いですね、
私なんかから見ると。

昨日の最後の打席でも右方向にヒット
を放ちましたが、象徴的でした。

「右打ちの名人」というかね。

しかも、二塁打を打てましたから
ねえ。

実際に1シーズンの二塁打の記録も
持っていますし。

ああいうタイプの選手は、近年では
少なくなりましたよ。

しかし、谷という選手が一躍全国区
になったのは、現夫人の「ヤワラ
ちゃん」こと亮子さんと結婚して
からと言っていいでしょう。

私は「それでもいい」と思って
見ていましたがね。

谷のようないい選手は、もっと
知られるべきだと思っていました
から。

残念なのは、1928安打と、2000本
安打まであと72本のところで引退
するということてすよ。

本当にもったいない。

ただ、ここ数年は、一軍に出ること
さえ、ままならなかったですから
ねえ。

仕方ないと言うしかありません。

来年からは解説者ということですが、
いずれは現場に戻ってきてほしいと
思いますね。

卓越したバッティングの技術を
次代の若者にぜひ教えてほしい
ものですよ。

谷選手、お疲れ様でした!






posted by あらやまはじめ at 18:32| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オリックスバファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村