2015年09月30日

【速報】引退する木佐貫にセレモニーの場を用意してくれた日本ハムは、温かい球団だと思いましたね…通算62勝、日本ハム在籍3年でもね、これは木佐貫の人徳かなあ

今日はセ・リーグの試合はなく、
パ・リーグの試合のみ三試合行われ、
私は交互に見ていましたが、一際、
目を奪われたのは日本ハムとロッテ
の一戦でしたね。

木佐貫の引退試合。

私が見始めた時には既に木佐貫の
登板は終わっており、その後も、
何度も映る木佐貫の姿に、「これは
試合後、セレモニーをやるのか」と
思っていたら、本当にセレモニーを
やりました。

日本ハムは温かい球団だと思いました
ねえ、私は。

木佐貫の日本ハムでの印象という
ものは、私に限らず、そんなに強く
はない人がほとんどでしょう。

日本ハムでの在籍は3年。

通算62勝。

確かに、12球団から勝ち星を挙げた
のは立派ですが、裏を返せば、それは
一つの球団にずっと必要とされなかった
ということです。

木佐貫は、巨人での新人の時が一番
すごかった。

あの時は、巨人の中では、新人で
ありながら、安定感は一番あり、
エース級と言っても良かった。

あの年をピークに、その後は下降線を
たどることになりますが、オリックス
に移籍して、日本ハムに移籍して、
あまり大きな印象はありません。

いや、私はパ・リーグ中心に試合を
ここ何年も見ていますが、それでも
木佐貫の印象というものは少ない。

たぶん、日本ハムが木佐貫のために
引退試合をしてくれたのは、その
「人望」が大きかったのでしょうね。

なんやかんや言って、いくら成績を
残しても「嫌われもの」は引退試合を
させてもらえないこともありますからね。

とどのつまりは、人間性。

木佐貫は、その点では、その成績
以上に評価されたということです。

これは、誇っていいと思いますよ。

もっとも、木佐貫は誇らないでしょうが。

「終わり良ければすべて良し」ですよ。

木佐貫には、「お疲れ様でした」と
言いたいですね。

posted by あらやまはじめ at 21:40| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道日本ハムファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村