2014年12月25日

金子千尋、オリックス残留決定!…何度も一面を飾り、ようやく全国区の選手になったのですから、よかったんじゃあないですか

例年、年末のこの時期になると、
スポーツ紙の一面は、競馬の有馬記念
の記事ばかりとなり、私にとっては
全然面白くないのですが、今年は
ちょっと違う。

主要紙は別として、私が購入した
東京中日スポーツの一面は「谷繁
無念」でした。

なぜ中日の谷繁監督は無念だった
のか?

オリックスの金子千尋が残留を決め、
中日への移籍がなくなったからです。

他のスポーツ紙も軒並み裏一面で
取り上げていましたが、今オフ最大
の注目の男は、なぜ残留したのか?

いろいろな分析がなされていますが、
私が思うに、今オフのオリックスは
中島を始めとして、日本ハムからは
小谷野、DeNAからブランコを獲得する
など、来季の優勝への「本気度」を
示したのが大きかったのではないかと
思いますね。

やっぱり、プロ野球選手は「優勝」が
なによりなんです。

優勝してなんぼ。

優勝しなければ、2位も最下位も同じ。

最終戦で優勝を逃し、球団も余程
悔しかったに違いない。

一般の企業でも、営業が最後の最後
で受注が取れなければ、そりゃあ
悔しい。

プロ野球選手の場合、それが全国に
さらけ出されるわけですから、悔しさ
も一般企業の比ではありません。

その悔しさを晴らすべく、球団が
気合いを入れて補強に努めた。

オリックス球団史上、最大の補強を
したと言っていい。

金子は、そんな球団の本気度に、
身が引き締まったのでしょう。

東京中日スポーツの記者は「残留
ありきの交渉と言われても仕方が
ない」と金子を批判していました
が、それは違うと思う。

中日のような人気球団ではないん
ですよ、オリックス球団は。

うがった見方かもしれませんが、
金子は、「人気のない球団の大
エース」がFA宣言したら、どこ
まで騒がれるのか知りたかったと
いう気持ちもあったのではないか。

おそらく、今回、金子は本人の
予想以上に騒がれたと思いますよ。

巨人が獲得に参戦していなかった
割には。

何度も主要スポーツ紙で一面を飾り
ましたしね。

初めて、全国区の選手になったと
言っていい。

そういう意味では、金子にとっては
よかったんじゃあないですか?

人気球団の中日も阪神も金子を獲得
することはできなかった。

もはや、「セ・リーグなら」という
時代でもない。

オリックスファンは快哉を叫んだこと
でしょう。

私も今回の金子の判断を尊重したいと
思います。



posted by あらやまはじめ at 18:21| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オリックスバファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村