2014年07月31日

東海大相模の2年生ピッチャーの吉田凌は、甲子園でぜひ見たいね…神奈川県大会の決勝戦で20奪三振、おまけにスポニチ一面は見事としか言いようがないですよ

今年こそ、一試合くらいは見に行こう
と思っていた、夏の高校野球の神奈川
県大会が昨日終わりました。

選手たちにとっては炎天下で、熱中症
の危険性が叫ばれる中、よく頑張り
ましたよ。

ここは、勝敗関係なく、高校球児たち
には「ご苦労さんでした」と言いたい
ですね。

で、昨日の決勝戦ですが、準決勝で
かの強豪の横浜高校を破った東海大相模
が、向上高校をなんと、13対0で破り、
見事、4年ぶり9度目の甲子園出場を
果たしました。

おめでとう!

だんだんトシを取ってくると、もう、
どこの高校であれ、こんな猛暑の中、
夢を諦めずに甲子園出場を果たした
球児たちには、素直に「おめでとう」
と言いたくなる。

しかしねえ、この東海大相模の、決勝戦
で投げた2年生のピッチャーはすごいね。

なんと、20奪三振!

同じ神奈川県大会で昨年まで楽しませて
くれた、現楽天の松井裕樹を上回ったと
いうのですから、大したものです。

名前は、吉田凌(りょう)くん。

まだ2年生ですから、今年の甲子園は
もちろん、来年も楽しめる。

こういうのは、いいですなあ。

来年、県予選を見に行くきっかけにも
なりますしね。

しかし、神奈川県大会は、日本で一番
高校の数も多く、予選を勝ち抜くだけで
大変です。

私も神奈川県民になって、10年あまり
ですが、年々そう思いますね。

そこに住んでいれば、どれだけ暑い中で
野球をやっているのかがよく分かる。

負けた向上高校も、恥じることは
全くない。

激戦区で暑い中、決勝まで進んだんだ。

東海大相模のナインは、疲れている
でしょう。

甲子園まで、まだ時間はあります。

休めるときには、十分休んで、英気を
養い、万全の状態で、甲子園に挑んで
ほしいね。

神奈川県代表とか、考えなくていい
ですよ。

自分たちの持てる力を発揮する。

それでいい。

しかし、吉田凌くんのピッチング、
早く見たいね、甲子園で。



posted by あらやまはじめ at 18:56| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村