2014年06月06日

田辺監督代行が日刊スポーツの裏一面に!…西武黄金時代にレギュラーを勝ち取った男は、どんな采配をするのか?

今日は「渡辺」のデカ字が久々に
躍った日刊スポーツを購入しました。

かの清武氏との裁判が始まり、昨日は
証人喚問で顔を合わせた両者。

この話題は、語り始めると長くなる
ので、また、後日取り上げたいと
思います。

それよりも、私が注目したのは、その
裏一面です。

「田辺」のデカ字がこれだけ大きく
取り上げられているのを、スポーツ紙
を長年読んでいる私も初めて見ました。

田辺監督代行は、西武黄金時代の
1989年頃から徐々に活躍するように
なった選手でしたが、あの当時、
西武のスタメンはほぼ固定されて
いました。

そこに、割って入り、その守備力で
レギュラーを勝ち取った努力には
敬服せざるを得ません。

私はその時代の西武について、姉妹
ブログの「スポーツ新聞一面コレク
ション」でよく取り上げています。

興味のある方は、このページのリンク
からご覧下さい。

でも、田辺についての記事はほとんど
出てこないんじゃあないかな。

記憶にない。

どちらかと言えば、打撃の選手という
よりは、固い守りに定評があった選手
でしたからねえ。

今朝のニッカンでは、「脱伊原路線」
とも書いてありましたが、代行とは
いえ、監督ですから、自分のカラー
は出していいと思いますよ。

もはや、西武は最下位なわけで、
失うものはないのですから。

今季の残り試合で、仮に負けが込んでも、
田辺監督代行が責められることもない。

「前任が伊原監督だったからなあ」
と言われるだけです。

こんな気楽な立場も、そうあるまい。

ここは、ようやく巡ってきた大舞台
です、田辺監督代行には思いきった
采配を期待したいものです。
posted by あらやまはじめ at 08:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 埼玉西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村