2014年05月23日

【速報!】見ている方も力が入った、舞台「1812」…荻窪えきさんだけじゃなく、ロデオ★座★ヘヴンやその他の役者さんたちにも感謝したいですね

力が入りました。

私だけでしょうか?

いや、先程、八幡山で行われた舞台、
「1812」を見た、率直な感想です。

普段、私は舞台を見ません。

テレビでもドラマは、昨年来、NHKの
朝ドラは毎朝欠かさず見てますが、
他のドラマはほとんど見ません。

見るのは、年に一度か二度の荻窪えき
さんの舞台だけ。

見ている人は見ているんでしょうなあ、
生の舞台を。

私が野球や相撲をよく見るようにね。

舞台をよく見ている人が、たまに野球
や相撲を見ると、たぶんびっくりします。

その迫力に。

それと同様に、普段舞台を見ない私に
とって、今日の舞台は刺激的でした。

内容については、明日落ち着いた状態で
振り返りたいと思っていますので、今日は
割愛しますが、幸運にも最前列で見ること
ができた私にとって、役者さんたちが
目の前で、肉声で、各々の役を演じる
姿を見るのは、私にとって非日常のこと
であって、五感はおろか、五臓六腑に
までしみ渡ったというかね。

荻窪えきさんは学生役、プラス、「シスター」
役を演じたわけですが、今回はいつも以上に
台詞も多く、ありがたかったですね、「荻窪
えきファン」としては。

また、劇団の「ロデオ★座★ヘヴン」の
みなさんや、他の劇団から参加された
役者さんたちも、一癖も二癖もあるような
個性派揃いで、私は堪能させて頂きましたよ。

やっぱり、こういう舞台で、「何かを表現
したい」という気持ちは尊いもので、私は
一つの芸術を作り上げようとする彼らの
熱心さに感謝を申し上げたいですね。

いいものを見させて頂きました。

舞台終了後、えきさんとちょっと話す機会に
恵まれましたが、それは明日以降、お伝え
します。

ちょっとしたサプライズもありましてね。

写真付きで、明日にでもアップしたいと
思っております。

こちらも、どうぞ、ご期待下さい!

明後日まで、舞台は続きます。

まだの方、騙されたと思って、ご覧に
行かれてはどうですか?

いい意味で「騙される」かもしれませんよ。



posted by あらやまはじめ at 22:15| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今晩は、いよいよ荻窪えきさんの「1812」を見に行きます!…八幡山に寄るのは初めてかなあ

私は、「出稼ぎ」が終わると、定時で
一目散に帰ります。

このルーティンは、いつものことで、
変わることはほとんどありません。

ですが、今日は違います。 

当ブログではお馴染みの荻窪えきさん
の舞台を、数ヵ月ぶりに見に行きます。

八幡山で。

この八幡山ですが、私は以前新宿経由
で会社勤めを長年しており、京王線で
いつも通っていた場所だっただけに、
地名は覚えているのですが、果たして
降りたことがあっただろうか。

こういう機会を通して、いろいろな
場所を知ることができるのも、それは
それで一つの楽しみです。

さて、舞台は「1812」というタイトル
ですが、かのロシアの大作曲家、
チャイコフスキーの曲から来ている
そうです。

どんな舞台なのか、純粋に楽しみです。

今日は給料日ですし、八幡山で飲んで
きましょうかね。

明日か明後日には、「1812」の感想も、
演劇素人ながら、述べさせて頂ければ。

こちらも、お楽しみに。
posted by あらやまはじめ at 11:32| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今晩は、いよいよ荻窪えきさんの「1812」を見に行きます!…八幡山に寄るのは初めてかなあ

私は、「出稼ぎ」が終わると、定時で
一目散に帰ります。

このルーティンは、いつものことで、
変わることはほとんどありません。

ですが、今日は違います。 

当ブログではお馴染みの荻窪えきさん
の舞台を、数ヵ月ぶりに見に行きます。

八幡山で。

この八幡山ですが、私は以前新宿経由
で会社勤めを長年しており、京王線で
いつも通っていた場所だっただけに、
地名は覚えているのですが、果たして
降りたことがあっただろうか。

こういう機会を通して、いろいろな
場所を知ることができるのも、それは
それで一つの楽しみです。

さて、舞台は「1812」というタイトル
ですが、かのロシアの大作曲家、
チャイコフスキーの曲から来ている
そうです。

どんな舞台なのか、純粋に楽しみです。

今日は給料日ですし、八幡山で飲んで
きましょうかね。

明日か明後日には、「1812」の感想も、
演劇素人ながら、述べさせて頂ければ。

こちらも、お楽しみに。
ラベル:荻窪えき
posted by あらやまはじめ at 11:31| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村