2014年05月01日

【訃報】松岡直也さんを悼む…忘れられない、明菜の壮大な名曲「ミ・アモーレ」

今日の日刊スポーツの芸能欄に、
とある作曲家の訃報が載っていました。

松岡直也さん。
 
私は小学校6年生の冬からオリコンを
読んでおり、アルバム紹介やアルバム
チャートで名前だけは知っていました。

しかし、その名を轟かせたのは、私が
中学3年の春に大ヒットしては、その
年のレコード大賞まで受賞した、
中森明菜ちゃんの「ミ・アモーレ」を
作曲したときです。

この曲は、レコード大賞を取ったから
名曲なのではありません。

名曲だから、レコード大賞を取ったん
です。

明菜の絶頂期。

今思えば、あの頃の明菜が一番声に
伸びがありましたね。

松岡直也さんの作曲家としての名声も
上がった。

ですが、松岡さんはその後、アイドルに
曲は提供しなかったんじゃあないかな。

あの頃の明菜だからこそ、引き受けた
のかもしれませんね。

そう思えば、奇跡のコラボレーション
だったのかもしれない。

松岡さんのことは、「ミ・アモーレ」
くらいしか知りませんが、あの一曲
だけでこれだけ語らせてくれたのです
から、やっぱり素晴らしい作曲家
だったと思います。

ご冥福をお祈りいたします。
posted by あらやまはじめ at 19:35| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平野佳や佐藤達といった、地味なリリーフ陣にスポットライトが当たるのはうれしい、オリックスの快進撃

オリックスの快進撃が止まりません。

昨日もソフトバンクとの首位攻防戦
で、先発の井川が5回を投げ、1失点
と好投すると、自慢のリリーフ陣が
強力なソフトバンク打線をゼロに抑え、
貯金を11としました。

月間18勝は、阪急時代を含めても
初めてというのですから、いかに
今月のオリックスがすごかったかと
いうのが分かる。

今日の日刊スポーツでは4面でしたが、
デカ字はなんと「平野」。

リーグタイ記録の、月間11セーブを
挙げた平野佳がこんなに大きく取り上げ
られるのは珍しい。

平野佳は、去年、一昨年にもよく楽天戦
でリリーフで登板しては、キレのいい
ストレートを投げていてねえ。
 
「平野が出てきたら、終わり」と思った
ものですよ。

楽天戦を見ていてね。

また、その平野の前を投げるセットアッパー、
佐藤達もリーグタイ記録の月間11ホールドを
マークし、記事で取り上げられました。

こういう、比較的地味なピッチャーが
大きく取り上げられるのは、パ・リーグ
ファンとしてはうれしいね。

これも、チームが好調だからですよ。

さあ、今日から5月。

GWが終われば、交流戦も始まります。

オリックスは快進撃を続けられるのか。

注目せずにはいられません。
posted by あらやまはじめ at 08:41| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オリックスバファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村