2013年12月19日

【ルー・リード追悼特集23】Coney Island Baby …若き日のルーの自伝的作品?

今日も、「Take no prisoners」から
一曲紹介しましょう。

Coney Island Baby.

コーニー・アイランド・ベイビー。

このライブ盤が出る少し前に、同名の
オリジナルアルバムを出していますが、
これはねえ、オリジナルとライブ
バージョンではあまりにも違うので、
要注意です。

ちなみに、例に漏れず、私はライブ
バージョンをおすすめします。

このConey Island とは、ルーの
地元のニューヨークにありまして、
歌詞の内容から言えば、かなり
自伝的な内容の作品ではないかと
私は思っています。

コーチのためにフットボール
(いわゆる、アメフトですな)を
やっていたとか、また、ライブ盤
では途中からかなり歌詞を変えて
は、ニューヨーク中の公園で
寝泊まりしていたことなんかも
披露されます。

そして、サビの部分でルーは
叫びます。

「Glory of love」

と。

何度も。

オリジナルでは叫んでいません。

ここに、この曲のライブ盤での
素晴らしさがあると言っていい
でしょう。

後年、ルーはライブでこの曲を
あまり歌わなくなります。

やっぱり、気恥ずかしいものが
さすがのルーにもあったのかも
しれません。

オリジナルアルバムの方はまだ
発売されているかと思いますが、
この曲に関しては、絶対にこの
「Take no prisoners」で聞くべき
です。

ですが、たぶん廃盤でしょう。

昨日、帰宅後、調べてみると
言っておきながら、バタバタして
結局何もできませんでした。

今日は、やろう。

なるべく。

リンクが下記に貼られていれば
「やった」と思って下さい。
ラベル:ルー・リード
posted by あらやまはじめ at 18:36| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ルー・リード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリックスの後藤と楽天の鉄平がトレードですか…新天地で復活してほしいね、両者とも

今朝のスポーツニッポンの一面右上
の見出しを見て、驚きました。

オリックスの後藤と、楽天の鉄平が
交換トレード。

私はシーズン中は楽天戦を中心に
テレビ観戦していますが、今季の
鉄平は、明らかに出番が減って
いました。

まだまだ、老け込む年齢でもあり
ませんが、楽天の場合、若手の
岡島や枡田などの台頭もあり、
外野の定位置を獲得するのは
もはや難しいだろうとは思って
いました。

他球団なら、まだまだやれる
はずです。

ましてや、オリックスの場合、
次々に選手が抜けていますし、
外野だって糸井を除けば鉄壁
とは言えない。

来季のオリックスでの活躍を
期待したい。

また、オリックスの後藤に
関しては、「今年はどうしたん
だろう」と思っていました。

内野の守備がいいのはもちろん、
彼の場合、光るのはそのミート
のうまさです。

長打力だってある。

楽天では、来季手薄になりそうな
内野で、出場機会も増えるでしょう
し、左の代打で出てきたら、相手
チームは嫌なはず。

藤田だって、楽天に来て、輝いた。

後藤にも「第二の藤田」を目指して
ほしいね、来季は。

両チームの足りない部分を補強
する、非常にいいトレードだと
思いますよ、現時点ではね。

来季は両者とも、復活してほしい
ものです。

posted by あらやまはじめ at 09:22| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オリックスバファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村