2013年12月12日

毎度毎度のことだが、なぜ三浦大輔ばかりが高給取りなのか、ベイスターズは

今日のスポーツ紙では、一面
にしたところは皆無でしたが、
私が購入した日刊スポーツでは
4面に比較的大きく取り上げ
られていました。

DeNAの三浦が昨日契約更改し、
現状維持の1億8千万円でサイン
したと。

三浦は、当ブログでののも何度
か取り上げていますが、何年
経っても巨人戦に勝てない投手
として有名です。

子供はそれでも勝ったのかな。

DeNAでは最多の9勝、しかし
13敗。

それで、現状維持。

しかも、1億8千万円。

おかしくないか。

この球団は、生え抜きに非常に
冷たいという印象かありますが、
三浦だけは別格か。

例えば、多くの選手が軒並み
年俸を下げられた中日あたり
に行ったら、それこそ、目も
当てられないような年俸提示
になったであろうことは容易に
想像できる。

三浦一人だけが、この金額に
納得している。

これでは、チームは強くなり
ませんよ。

どう考えても、せいぜい1億円
もらっても、まだ「多すぎる」
と私は思いますがねえ。

将来の幹部候補だから優遇
しているのかもしれませんが、
一方でクビを切られる選手
たちもいるわけです。

少し、三浦の年俸を回して
やるべきだと思いますが、
余計なお世話ですかねえ。
ラベル:DeNA 三浦
posted by あらやまはじめ at 09:46| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜DeNAベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村