2013年10月28日

巨人に誤審を語る資格はない…これまで、どれだけその恩恵に預かってきたと思っているのか?

今日のスポーツ紙は、
マー君が4紙で一面でした。

東京中日スポーツまでもが
マー君を一面に持ってきて
くれた。

これはねえ、感慨深い。

東中は、私は好きなスポーツ
紙ではありますが、マー君す
を一面に持ってきたのは
久々じゃあないですか。

反面、読売系の報知新聞は
昨日の試合の判定について
の記事を一面に持ってきた。

どの面下げて、誤審について
語っているんだろうね、この
巨人びいきの新聞は?

有利な判定で、これまで、巨人
がどれだけトクをしたのか、
知らないとは言わせませんよ。

私は、今日は日刊スポーツと
サンケイスポーツを購入しま
したが、やや巨人よりの
サンスポは、ご丁寧に、藤田
の手がベースに付く前に
ボールがロペスのグラブに
入っている写真を掲載して
います(ニッカンは載せて
いません)。

この誤審があったから巨人は
負けたのか?

違うでしょう。

マー君の実力通りのピッチング
の前に敗れ去ったんです。

審判のせいにするのはお門違い。

審判までもが巨人びいきと
言われたのは、いつ頃から
でしょうか。

近年は、露骨な巨人びいきは
少なくなってきたとは思い
ますが、それでも「負の歴史」
は消えていません。

審判に文句を言っていいのは
巨人以外の11球団だけです。

これまで、数十年に渡って
審判の恩恵に預かってきた
巨人にその資格はありません。

残りの試合で、審判から
何か取り戻そうとか、思う
なよ。


*読み応えがありますよ、これは。↓

posted by あらやまはじめ at 18:19| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北楽天ゴールデンイーグルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村