2013年03月25日

がんばりましたよ・・・雅山関、お疲れ様でした

どのスポーツ紙も一面にはして
くれなかった。

しかし、私にとっては、立派な
「一面」です。

元大関の雅山が昨日の取組終了後
に引退を表明しました。

本来なら、私の姉妹ブログの
「大相撲ブログ」で取り上げる
べき話題ですが、すみません、
一人の力士の引退です、こちら
で取り上げさせて頂きます。

彼はねえ、デビュー当時から
もう既に「有名」でした。

大学横綱。

98年に幕下付け出しでデビュー
し、即幕下優勝。

その次の場所も幕下優勝で、
すぐに十両に昇格、関取になり
ました。

もっとすごいのは、その一年後
には、三役に上がり、直前3場所
で34勝を挙げ、文句なしに大関
に昇進したことです。

「これは、末恐ろしい力士が
出てきた」

と思ったものですよ。

しかし、彼の相撲人生のピーク
は、図らずも、ここで来ること
となりました。

その後、わずか8場所で大関
から陥落。

ここから、長い「第2の力士
人生」が始まりました。

2006年夏場所には関脇で14勝
を上げ、翌場所も10勝し、直前
3場所で、以前大関に昇進した
ときと同じように34勝を上げ
ましたが、大関復帰の声は
かかりませんでした。

ここが「第2のピーク」でした
ね、振り返れば。

そして、先場所、前頭下位で
大負けし、十両に落ちた今場所、
かつての輝きを取り戻すことは
できず、またしても大敗し、
幕下陥落が決定的に・・・。

まあ、彼の全盛期は私も仕事で
猛烈に忙しい時期でしたから、
正直、週末にゆっくりと相撲
を見られればいい、という状態
でしたので、詳しくは覚えて
いません。

ただ、強烈に覚えているのは、
肩にできた大きなコブを立ち合い
から相手に思い切りぶつけて
いく、思い切りのいい相撲。

あの圧力で、大関に昇進したと
いっても過言ではないでしょう。

しかし、あまりにも早熟であった
が故、思うような成績を残せなか
った後になかなか立ち直ることが
難しかったのも事実。

でも、大関陥落後68場所も関取を
務めたのは、歴代一位ということ
ですから、満身創痍の体でよく
がんばりましたよ。

聞くところによれば、彼は、
「御曹司」だったらしいですね。

でも、引退する昨日まで、私は
知りませんでした。

そんな気配を微塵も見せず、
周りに気配りを続けた、「元
大関」。

15年ですか。

大関、お疲れ様!

そして、「二子山」の名跡を
継ぐようですので、その偉大な
名跡を汚さないように、これ
から親方として、がんばって
ほしいね。

応援していますよ。
ラベル:雅山
posted by あらやまはじめ at 21:08| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村