2013年03月18日

内川よ、泣かなくていい

日本代表のWBCが終戦を迎えました。

私は、休憩時間を利用して、ほん
の数分ですが、途中経過を携帯の
ワンセグで確認していました。

こういう人は、今日は多かった
んじゃあないですかね?

昼休み中に、少し多めに見られ
ましたが、ちょうど、井端が
タイムリーを放ち、日本がようやく
一点を入れた場面でした。

井端は、勝ち負け関係なく、MVP
に選んでほしいね。

それくらいの活躍でしたよ。

その直後、内川がヒットを放ち、
1、2塁に。

バッター阿部の場面で、おそらく
はダブルスチールのサインが出た
のでしょう。

2塁ランナーの井端、1塁ランナー
の内川、共にプエルトリコの投手
が投げると同時に走った。

しかし、2塁ランナーの井端は、
途中、「アウトになる」と思った
のでしょう、2塁に引き返した。

しかし、1塁ランナーの内川は
止まることはできずに、1、2塁
間に挟まれ、タッチアウトと
なりました。

先程、スポーツニュースを見て
いたら、内川が泣きながらインタ
ビューに答えているシーンが写り
ました。

これねえ、私は野球選手ではあり
ませんので、言う資格はないこと
を承知であえて言わせて頂きたい
のですが・・・。

「内川よ、泣かなくていい」

同じチームで何年もやっている
わけではないんですよ、井端と
内川は。

井端が2塁に戻ったのは、長年の
彼の経験、というか、「落合野球」
で培った野球センスから戻ったの
でしょう。

3塁で憤死することが分かっていて、
走るくらいばかげていることはあり
ません。

それは、井端の「習慣」であった
はず。

しかし、内川はそんな井端の動き
は、おそらくは、目に入っていな
かった。

バックグラウンドが違うんです
よ、二人は。

どちらが悪い、という話ではあり
ません。

内川が泣いたのは「なぜ、井端の
動きをオレは確認できなかった
のか」という後悔から来ている
のでしょうが、こればかりは
急造のチームです、どうすること
もできない。

内川の責任ではありません。

彼はベンチのサイン通りに走っ
ただけ。

ただ、井端の野球センスがずば
抜け過ぎていた。

その差が1、2塁間の内川のアウト
につながってしまった。

何度でも言います、内川は責め
られません。

責められるべきは、4番阿部の
場面でダブルスチールのサイン
を出したベンチです。

プエルトリコのキャッチャーの
肩が強いことは分かっていたはず
です。

だから、内川よ、泣かなくていい。

私は楽天イーグルスファンを公言
していますが、この些事をシーズン
に引っ張らないでほしい。

普段通りの野球をソフトバンクで
プレイしてほしい。

責任を一身に背負う必要はあり
ません。

それは、山本監督の仕事。

WBCでの日本代表の3連覇は
途切れましたが、昨日のブログ
でも書いたとおり、優勝しよう
がしまいが、MLBに利益が7割
入る「虚構の」大会なわけです、
もともと。

ですから、内川は、ホント、
余計な悩みを抱えないでほしい。

WBCは終わりました、日本に
とっては。

明日以降、通常営業に戻ります。
posted by あらやまはじめ at 20:20| 神奈川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村