2013年03月05日

当たり前のようにマエケンを一面で見られる幸せ…WBCのいいところです

今日はマエケンが一面のスポーツニッポンを購入しました。

紙面を見れば、マー君の調子が上がってこないため、今後はマエケンを軸にWBCを戦っていく旨の内容が書いてありました。

マエケンはいつ一面になってもおかしくないピッチングを何度もしながら、昨年まではなかなか一面を飾ることがありませんでした。

しかし、WBCという大舞台があることにより、彼の一面になる回数が増えたということは、「スポーツ紙の正常化」という観点から見れば、歓迎すべきことです。

広島カープは何年も優勝から遠ざかり、CS進出も一度もありません。

マエケンがいくらいいピッチングをしても、これではなかなか一面には取り上げてはもらえない。

普段一面に登場が難しい選手が大きく取り上げられる。

WBCの最大の利点かもしれませんね。
posted by あらやまはじめ at 11:54| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村