2012年12月20日

山井の「珍要求」は、珍要求でもなんでもないが・・・

今日も、昨日に引き続き、日刊
スポーツを購入しました。

一面は「幸子」。

これも昨日に引き続き、競馬に
絡めた一面ですが、今日のニッカン
は秀逸でした。

「幸子」こと小林幸子さんの紅白
の33年間の写真の変遷とでも言い
ましょうか、毎年の衣装が小さな
写真で載っており、見応えがあり
ました。

しかしねえ、私が注目したのは
2面の小さな囲み記事です。

「入場料の値下げを 山井の
珍要求」

中日の山井が、昨日契約更改を
行い、4400万円増の8000万円で
サインしたとのことですが、
その際、球団に「もっと気軽に
来られる球場にしてほしい」と
要求。

これはねえ、球団としては
悩ましい問題ですよ。

値下げしてお客さんが来てくれ
るのはいい。

ですが、球団の売り上げが減る
ことは目に見えている。

そのしわ寄せは、結局は、選手
たちに行くと思われますが、
球団は「検討する」と。

これは、中日に限らず、巨人以外
の11球団すべてが悩む問題では
ないでしょうか。

実際に入場料を下げて、経営が
苦しくなれば、選手たちの年俸
に反映され、それが選手たちの
「大リーグ移籍」へとつながって
いく。

大リーグは、経営手法が異なり
ますからねえ、日本とは。

日本は、少なくともセリーグは
「巨人さえよければいい」という
思考ですから、全体で分け合う
という発想がない。

パリーグは全球団合同でマーケティ
ングを始めていますが・・・。

山井の要求は、現場の選手として
は至極真っ当で、「珍要求」でも
なんでもありません。

プロ野球選手の責任ではありません。

コミッショナーや、プロ野球全
球団のオーナーが結束して、日本
プロ野球界の全体を考えなければ
ならないときがいい加減来ている
んですよ。

巨人のオーナーはまた「たかが
選手が」とでも思っているん
でしょうかねえ。
ラベル:中日 山井
posted by あらやまはじめ at 20:41| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村