2012年12月11日

【訃報】小沢昭一さんを悼む…国宝級だった「小沢昭一的こころ」

私は小学6年生の頃からラジオに親しんでましてね。

私が当時住んでいた仙台では、東北放送をよく聞いていました。

そして、歌番組にのめり込むにつれ、夕方になると遠く離れたTBSラジオにダイヤルを合わせるようになりました。

その頃から、いや、もっと前からTBSラジオで放送していたのが、「小沢昭一の小沢昭一的こころ」です。

私ももちろん聞いていましたが、軽妙洒脱、ときにエッチ(エロ、ではないんですなあ)、その語り口には、おそらくは私も多少なりとも影響を受けたのかなあと、昨日の小沢昭一さんの訃報に触れ、思いました。

最近は、私は完全に「ニッポン放送派」でして、数年前に名古屋にいた時にCBCラジオでそのお声を何度か聞いたのが最後となってしまいました。

私自身が歳を取るにつれ、その語りはさらに身近なものに感じられてきていて、今となってはもっと聞いておけばよかったなあと後悔しています。

しかし、一万回を超える放送回数は、「国宝級」と言っていいですよ。

ラジオ界に「国民栄養賞」のようなものがあれば、間違いなく当てはまる。

83歳ですか。

いつかは亡くなると分かっていても、残念でなりません。

ご冥福をお祈りいたします。
ラベル:小沢昭一
posted by あらやまはじめ at 17:27| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村