2012年12月01日

【番外】善良な市民からカネを巻き上げるのが警察の仕事なのか

もう二度と府中には行きません。

今日、娘を連れて、聖蹟桜ヶ丘付近で食事をした後、府中のドン・キホーテへ行くために、府中駅前あたりを車で運転していた、その時。

突然、後ろの方から「ピーピー」と笛の音が。

何だろうと振り返ると、まだ高校を出たばかりくらいの、若い婦警が。

「右折禁止のところを右折しました」

と。

確かに、普段あまり行かないところで、道を確認しながら運転していましたから、標識には目が行ってませんでしたが、左から車が来ないことを確認していますし、別に咎められることじゃないだろうと思ったら、「罰金払え」ときた。

あのねえ、別に暴走していたわけでもないのに、なんで罰金払わなきゃあならないの?

古きよき時代の「町のお巡りさん」はもういないのか?

暴走族をさっぱり取り締まらないくせに、こうやって、取りやすいところから、無慈悲に罰金を取ろうとする。

あの若い婦警は「すみません」なんて言ってたけど、冗談じゃない。

君は善良な市民からカネを巻き上げるために、婦警になったのか。

そう怒鳴ってやりたかったが、やめました。

そんなこと言っても得になることが一つもないことくらい、私も41だ、分かっている。

でもねえ…諭してやりたかった。

非のない市民は、大目に見てあげるのが、君達警察官の仕事じゃないのか、と。

違反なら全部罰金だなんて、日本はいつからこんなに住みにくい国になってしまったのか。

悲しいですよ。
posted by あらやまはじめ at 18:38| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村