2012年07月30日

ジュリー、憎みきれないろくでなし、ではなかった

古いか。

相撲ブログも含め、当ブログでも昨夜から取り上げている「柔道の判定」問題。

先程、NHKのニュースを見ていたら、ジュリーなる「審判委員」の審判長(ややこしいねえ)のインタビューを流していましたが、なるほど!でしたね。

ジュリーは「延長戦でのエビちゃんのかけた技はほぼ有効だったため、判定のやり直しをさせた」と言っていました(「エビちゃん」とは言ってなかったでしょうが)。

つまりは、ジュリーの権限は、我々4年に1度しか見ない「にわか柔道ファン」が思ってた以上に大きかった!

「じゃあ、審判はいらないのでは?」

とも思ってしまいますねえ。

女子柔道のパイオニアとも呼べる存在の山口香さんも「柔道がおかしな競技と思われかねない」と懸念していました。

柔道界、というより、「JUDO」界の問題ですね、これは。

正式競技から外れなくなることを祈っていますよ。


posted by あらやまはじめ at 19:53| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 柔道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村