2012年02月21日

日本球界最速の162キロを投げた男、クルーンが引退

横浜時代は英雄だった、巨人
時代にはボロクソに言われた、
クルーンが引退すると聞き、
時の流れを感じました。

今日購入した日刊スポーツでは
7面の小さな囲み記事扱い
で、寂しく思いましたが、
これも時代の流れなので
しょう。

2010年オフに巨人をクビに
なり、昨年メジャー復帰を
目指していましたが、
かなわず、今回の引退と
なりました。

私は、横浜時代のクルーンを
いまだに覚えています。

それはそれは、速かった
ですよ。

なにしろ、日本最速の162
キロを出したのですからね。

ニッカンやスポニチでは一面にも
なりました。

そして、巨人へ。

成績自体はさほど変わり
ませんでしたが、「巨人の
抑え」は横浜時代とは違い
ます。

一回打たれただけでボロクソ
に言われ、神経質だった
のか、それを引きずり、
何度も打たれるはめに。

挙句の果てには、クビです
よ。

村田よ、よーく、覚えて
おきなさい。

巨人に移籍したからには
抑え続けなければならな
かった(村田君も、これから
打ち続けなければならない
のですぞ)。

それでも、2009年には日本一
に多少なりとも貢献した。

正直言って、彼の今の状態
はよく分かりませんが、DeNA
なら抑えができるのでは、と
思ったのは私だけでしょうか?

162キロを出した、伝説の男。

寂しい引退です。

【送料無料】巨人軍は非情か [ 清武英利 ]

【送料無料】巨人軍は非情か [ 清武英利 ]
価格:1,470円(税込、送料別)

posted by あらやまはじめ at 20:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村