2012年01月23日

もう横審はいらない

結局、一週間ずっと東京中日
スポーツを購入することとなり
ました。

他紙でも、スポーツニッポンの
貴乃花親方のコラムは私は好き
ですが、今場所はほとんど
見ませんでした。

双葉山の69連勝時代から
相撲を見ている、作家の高橋
治さんのコラムは、読み応えが
あるのはもちろん、相撲の
勉強になります。

そんな高橋さんに反するかの
ような勢力が、表題であげた
横審(横綱審議委員会)です。

横審の沢村委員曰く「来場所
全勝しても、把瑠都は横綱
になれない」と、のたまい
ました。

この横審、私は以前から
「好かん」存在で、そもそも
横綱になる前提が「2場所
連続優勝」のギチギチに
なったのは、優勝しない
ままに横綱に上げた双羽黒
の失敗からで、そのあおり
を食らったのが、貴乃花
(現・貴乃花親方)だった
り、魁皇(現・浅香山親方)
だったりするわけです。

「力量だけではなく、品格
も」と言うならば、なぜ
魁皇を横綱にしなかった?
なぜ、朝青龍をすぐに横綱
にした?

これで、来場所も把瑠都が
優勝したと仮定して、横審
が「待った」をかけるよう
なことがあれば、日本国内
はもちろん、把瑠都の母国
エストニアからも抗議が来て、
下手したら余計な外交問題
を抱えることになるかも
しれませんよ。

だいたい、横審のメンバーは
本当に相撲が好きなのか、
小さい頃相撲を取ったこと
があるのか、相撲の歴史を
少なくとも本で読んだり
したことがあるのか?

沢村委員は歌舞伎の人間国宝
ということを、ウィキペディアで
調べて今日初めて知りました。

歌舞伎役者として頂点を
極め、その功績で委員に
選出されたのだろうと思い
ますが、人間国宝になる
くらいのお方なら相撲を
見る暇などなかったのでは?

であれば、相撲をよく見て
一家言ある、上記の高橋治
さんはもちろん、今場所
2日目のゲスト解説で博識を
見せてくれたデーモン閣下や
やくみつるさんを横審の
委員にしたほうがよいと
思うのですが、いかが
でしょうかね?

ただ、横審のメンバーはすべて
相撲取りをやったことが
ない人(大相撲で)です。
よって、大相撲経験者を
入れない限りは、私は
横審は不要という考えです
(相撲を肌で感じたこと
がない人間に何が分かる?)。

なんなら、元々横審だった
吉田司家へ戻せばよい。

ヨーロッパ人の把瑠都には
意味不明な出来事ですよ、
こんなことは(知ってる
かもしれませんが・・・
相撲の歴史を熱心に勉強
している白鵬なら知って
いるでしょう)。

エストニアから出てきて8年、
日本語も覚えて、相撲も
苦労して上達して、やっと
初優勝した。

何がいけない、沢村さん?


posted by あらやまはじめ at 19:45| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村