2011年12月25日

中畑監督の涙に、同じ東北の人間として思うこと

今日も全紙、有馬記念が一面
で、どうしようかと思いました
が、今日は報知新聞を買いま
した(一面が志村けんの予想
だったからです)。

中を見てみると、巨人中心
の紙面は相変わらずですが、
中畑ベイスターズを大きく取り
あげていることが目につき
ました(これも、中畑氏が
巨人OBだから?)。

しかしながら、その記事と
写真を見て、中畑監督の
人情味あふれる人柄に、
私もウルウルきましたよ。

彼は福島出身。震災の後
にもニッポン放送の徳光さん
のラジオに出演し、「福島
がこのような状況なのに、
なぜ義捐金が回らない」
などと、声を大にして
いたことが思い出され
ます。

その中畑監督、昨日も、
ラジオのニッポン放送の「ラジオ
チャリティー ミュージックソン」に
ラジオ福島から出演し、
福島の幼稚園児のメッセージ
を聞いて涙する姿が報知
に載っていました。

私個人の思いとしては、
「こういう上司の下で
働ければ」と思います。

いや、プロ野球の監督を
やる上で、涙を流していて
は戦えない、という意見
はもっともです。

でも、私はこのような男
の下で働きたい。

勝てないかもしれない。
でも、こういう人情味の
ある上司は、私にとって
は理想です。

まあ、私も同じ東北の人間
だからかもしれませんが、
中畑監督の言動を見ている
と、ちょっと応援したく
なりますね。

いっそ、「福島DeNAベイスターズ」
に変えたほうがいいのでは?

posted by あらやまはじめ at 21:30| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜DeNAベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村