2011年12月21日

小林至氏、ソフトバンク取締役辞任

「明日のスポーツ紙は全部競馬
一面か」と昨日のブログで
予想しましたが、4紙で競馬
一面!

勝率6割6分7厘!

残り2紙(スポーツニッポン、東京
中日スポーツ)はレンジャースのダル
ビッシュ入札が一面でした。

水曜のスポーツ紙はオリコンチャートが
掲載されることもあり、
スポニチを購入しました。

ダルビッシュについては、至る
ところで語られているので
あえて触れません。

これまでの私のブログでも
書いてきたとおり、彼は
「日本を代表する異次元の
投手」。

大リーグでもレンジャースのワールド
シリーズ優勝に貢献すること
になるでしょう。

さて、今日は表題で取り
あげた「小林至氏」に
ついて語りたい。

「小林至? だれ、それ?」
という読者の方も多いと
は思いますが、私は覚えて
います。

彼は、元々東大野球部で
投手をやっており、ドラフト
でロッテが獲得した「元東大
投手」です。

東大出のプロ野球選手は、
実は非常に珍しく、確か
「5、6人目」だったかと
記憶しています。

その小林氏は、早々と現役
を引退し、大リーグに渡り、
いろいろと勉強したと聞き
ます(彼の著書も読んだ
ことがあります)。

数年前、彼がソフトバンクの
取締役になったときも、
「まあ、彼ならプロ経験
もあるし、頭脳明晰だから
大丈夫だろう」と軽く
思っていたのですが・・・。

昨オフの契約更改交渉で杉内
側(代理人)に「手を挙げる
球団がありますか?」と
自尊心を傷つける発言を
したらしい。

バカじゃないか、小林。

君はロッテで1勝もできなかった
じゃないか。

杉内は100勝以上挙げている、
押しも押されぬ、日本を
代表するサウスポーだぞ。

MVPや沢村賞も獲得し、ケガ
もほとんどせずにソフトバンク
にダイエー時代からずっと貢献
してきたじゃないか。

「手を挙げる球団」は、杉内
クラスの投手であれば、ソフトバンク
以外の11球団すべてが手を
挙げるでしょう。

いったい、何者だ、小林君。

孫オーナーは、自身のツイッターに
この「小林発言」に関する
非難のメッセージが多く届いて
おり「厳しく対処したく思い
ます」と書き込んでいたよう
です。

小林氏は、このままソフトバンク
に残って、海外担当となり
外国人スカウトなどを担当する
ようですが、クビにしたほう
がいいですよ、こんな人は。

一度、野に放たれ、世間を
知れよ、この東大出!
posted by あらやまはじめ at 17:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡ソフトバンクホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村