2011年12月16日

がんばれジャイアンツ?

とは、私は全く思っていません
が、今日の朝日新聞朝刊の
「オピニオン」の欄で、「がんばれ
ジャイアンツ」とのコーナーが
あり、大変興味深く読ませて
頂きました。

1ページの4分の3を使い、広岡
達朗、魚住昭、高田文夫三氏の
現在の巨人」に対する意見が
それぞれ掲載されていたわけ
ですが、中でも高田文夫氏の
内容が秀逸でした。

私は、平日家にいて作業をして
いるときは、ラジオのニッポン放送
の11時30分から放送している
「高田文夫のラジオビバリーヒルズ」
を欠かさず聞いていますが、
高田先生(こう呼ばせてください)
は、知る人ぞ知る、プロ野球の
「生き字引」で、小さい頃は
今は亡き駒沢球場へ行って、
東映フライヤーズ(現・日本ハム)
の試合を自転車に乗って見に
行っていたほどの「オールドファン」
です。

その高田先生はヤクルトファンなの
ですが、今日のインタビュー記事を
読んでいて、幾度も吹き出しました。

「いいねぇ、楽しいねぇ。ジャイアンツ」
「巨泉×前武のゲバゲバ90分をリメーク
して、巨人×清武の〜にしたら、
視聴率が上がる」
「新聞は清武の名前にルビをふれ。
きよしたけしと間違え、ツービート
が復活したと思われる」
「なでしこジャパンならぬ、ナベツネ
ジャパンで流行語を狙おう」

まあ、笑いに笑いましたが、
最後に「巨人は今も大きな存在
なんだから、ファンも深刻な顔を
するな」と締めています。

巨人ファンは高田先生のインタビュー
をどのような気持ちで読んだの
でしょうかねえ。

いやあ、それにしても、清武氏の
独占インタビューといい、ナベツネ
氏への(これまた)独占インタビュー
といい、今回のオピニオン欄といい、
朝日新聞もなかなかやりますなあ。

今日は、「落合元監督、優勝旅行
で涙」が一面の東京中日スポーツを
購入した私ですが、それを上回る
くらい、面白い朝日の記事でした。

スポーツ紙よ、これでは一般紙に
負けますぞ。

posted by あらやまはじめ at 22:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売ジャイアンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村