2011年11月25日

談志師匠の死に思う

ブログを2日休んでしまい、
申し訳ありません。

一昨日の午後に飛び込んで
きた、談志師匠死去のニュース。

いろいろと考えるところが
あり、ブログが今日になって
しまいました。

もっとも、私は落語自体には
ほとんど興味はありません。

ただ、「笑点」は好きで、相撲
のないときはよく見ています。

その笑点を企画したのが、
談志師匠でした。

「テレビを通して落語家を
もっと知ってもらわないと」
という思いもあったそうです。

その笑点、談志師匠が司会を
していたときは今とは随分
異なり、ハチャメチャだった
ようですが、三波伸介さん、
円楽さん(共に亡くなりましたが)
が司会に代わっていくにつれ、
徐々に現在のアットホームな形に
変わっていき、未だに高視聴率を
保つ、超長寿番組となりました。

志の輔さんをはじめとして、
多くの落語家を育て、また、
高田文夫さんなどを弟子に取り、
これまた人を残した。

放談や毒舌もあり、功罪相半ば
する人でしたが、番組を育て、
人を育て、そしてその両方を
残した。

なかなかできることではあり
ません。

私から見れば「元気のいいオヤジ
さんだなあ」というイメージの
強かった談志師匠でしたが、日本の
芸能の分野で歴史に残る素晴らしい
功績を残されたのだと、亡くなって
改めて思います。

ご冥福をお祈りいたします。
posted by あらやまはじめ at 11:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村