2011年11月16日

意外に少なかった、サッカーの一面

今日は、ほぼ全紙、昨日の北朝鮮で
行われた「北朝鮮×日本」戦が一面
になるかと思いましたが、蓋を開け
れば、意外や意外、スポーツニッポン
と報知新聞のみでした。

他紙は、「原監督、2年契約も、来年
優勝しなければクビ」が多く一面を
飾り、ちょっと驚きました。

平壌での試合は、いろいろな意味で
画期的でした。

昨日中継したTBSの系列紙のスポニチ
でも詳しく取り上げていましたが、
そもそも北朝鮮で開催されたスポーツ
が生中継されることは史上初、との
こと。

スポニチのサッカー解説には欠かせない
金子達仁さんも書いていましたが、
昨日の北朝鮮イレブンは「死ぬ気で
ぶつかってきた。日本イレブンで勝つ
ために命を引き換えてもいいと思った
選手はいなかっただろう」と。

他の国に負けてもいい、でも日本に
負けたら、オレ達はどうなる? 収容所
で強制労働か? それとも、人民の前で
見せしめのために銃殺されるのか?

北朝鮮イレブンはまさに命をかけて
日本に対峙していました。そして勝った。

彼らの身を考えれば、まあ、悪くは
なかったのでしょう。

昨今、北朝鮮関連の書籍をよく読んで
いますが、本当に彼の国は読めば読む
程、唖然とさせられることが多すぎて、
たまらない気持ちになります。

昨日の金日成スタジアムには約5万人の
聴衆が集まったそうですが、あそこに
行ける人たちはいわゆる「エリート」
のようですね。

エリートでなければ、そもそも平壌には
住めない。

そして、平壌以外の国民は、行きたくても
行けない。いや、サッカーの試合が実施
されていることも知らないでしょう。

このような国と闘うわけです。

そう考えれば、日本イレブンは昨日のあの
状況でよく1点差だけで負けることができた、
とも言えなくもないでしょう。

まあ、次にこのような試合が見られるのは
また、20数年後かもと思えば、貴重な試合
ではありました。
posted by あらやまはじめ at 20:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村