2011年11月26日

西本幸雄さんを悼む

談志師匠が亡くなった記事を
前日に書きましたが、今日は
この方です。

西本幸雄さん。

最近、私が子供の頃から知って
いる方々が次々に亡くなり
(ということは、私もトシを
取ったということですが・・・)、
寂しい限りです。

私くらいの世代までではないで
しょうか、西本さんが近鉄の
監督でタクトを振るっていた
のをリアルタイムで知っている
のは。

もっとも、私も選手名鑑や新聞
で見聞きする程度でした。主に
覚えているのは、80年代後半に
フジテレビのプロ野球ニュースで、
近鉄戦を解説する姿がいちばん
目に焼きついています。

私が西本さんをよく知るきっかけ
を作ってくれたのが、佐野正幸
さんという方です。

この方は、北海道出身ながら、
当時の阪急監督であった西本さん
に手紙を書き、返事をもらった
ことから、「西本ファン」になった
方です。

佐野さんの著作は私はほとんど
読んでいますが、佐野さんのすごい
ところは、西本さんが近鉄監督の
ときに、西本さんファン熱が高まって
近鉄百貨店に入社した、という
ところ。

もっとも、佐野さんもすごいですが、
一ファンへ直筆で返事を書き、
佐野さんの近鉄百貨店入社にも
絡んだ西本さんはもっとすごい。

どちらかといえば、西本さんは
パ・リーグの阪急・近鉄で計8回
優勝し、誰もが「名将」というの
ですが、「江夏の21球」も含め、
一度も日本一になれなかった
「悲運の名将」として知られています。

でも、西本さんは「悲運」か?

私は決してそう思いません。

阪急時代は、V9時代の巨人が相手
でしたし、近鉄時代は古葉監督
率いるカープ相手でした。

V9時代はどうにもならないくらい
巨人が強かった時代です。また、
古葉監督のときの広島もやはり
強かった。

「江夏の21球」のときのスクイズ
失敗が、未だに語り継がれています
が、あれも、「天才・江夏」がマウンド
にいたからこそ。

並みのピッチャーがマウンドに
いたら、あのスクイズも成功して
いたことでしょう。

まあ、野球の「たられば」はありません
が、やはり一度は西本さんに日本一に
なってほしかったなあと、トシを
重ねるたびに思いますね。

佐野さんの書いた著作に「パ・リーグ
どん底時代」という本があります。

これは、昭和48年(1973年)頃の
パ・リーグを書いた著作ですが、
80年代後半に西武が盟主に着くまで
パ・リーグが「どん底時代」を
甘んじた過去は否めません。

そんな中、時には阪神からも監督
要請がかかるのを断った、パ・リーグ
一筋だった西本さん。

敬愛せずにはいられません。

御年91歳。

大往生でしたね。

西本さんへ心からご冥福をお祈り
いたします。

【送料無料】近鉄バファローズ球団史

【送料無料】近鉄バファローズ球団史
価格:1,500円(税込、送料別)




posted by あらやまはじめ at 20:15| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近鉄バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村